「瓶に挿した花。」

作者 星村哲生

永遠の花

  • ★★★ Excellent!!!

花はいつか枯れるもの、人はいつかいなくなるもの……
ですが、心には永遠に枯れない、『思い出』という花が残ります。
喪失感に膝を折りたくなる時、そんな『思い出の花』が自らに立ち上がる勇気をくれるのでしょう。
ともすると思い出とは、去った人が残してくれた最後の優しさかもしれません。
そんな気付きを与えてくれる、胸の温かくなるお話でした。おすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

うさぎ番地さんの他のおすすめレビュー 43