送り火のとき

作者 彩崎わたる

気持ちが流れ込んできた

  • ★★★ Excellent!!!

そんなに思いつめることないんだよ、と主人公に語りかけたくなるくらいハラハラな展開が続く。
雰囲気がこちらに伝わってくる。
色々なきっかけを元に1つの道を作っていく、そんなお話です。

彼は元々強かったと思う。その強さの使い方を知らなかっただけで。
その「強さ」を初めて使う時がただただせつない。


読了して人様にオススメしておきながらなかなかレビューを上げられずにいました。
上手く言葉で表現できなくて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

瑛依凪さんの他のおすすめレビュー 65