フラットリリーはきらめかない -オタクな二人と同人誌-

作者 坂神慶蔵

133

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

創作経験のない主人公が、クラスメイトの女の子に誘われて同人誌を作ることになり、コミケで販売するまでを共にするお話です。
ヒロインにとっての創作がどんなものであるのか、物語の最後に主人公は心から理解します。
ヒロインへの好意が育っていくと同時に、ヒロインの大切にしているものを一緒に大切にできる人になっていく、そんな素敵なラブコメです。

★★★ Excellent!!!

――

主人公は高校生、扱うのはアニメの同人誌。語り口調はライト。
それでいて、本格的な同人誌づくり。
締め切りまでに原稿が仕上がるのか? 冊子は売れるのか? どきどきわくわくしながら読ませて頂きました。
ちょっと謎めいたヒロイン・織枝のキャラクターが良い味を出しています。おしゃれですね。眼鏡も雰囲気に合っていて、可愛らしいです。
主人公・冴城と織枝が同人誌をつくる様は、「美しい」とさえ感じてしまいます。
ラストは心が温かくなりました。この作品を読んで良かったと思いました。
素敵な作品をありがとうございました。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

一つのものに一緒に携わると、連帯感が生まれ、やがて恋慕に変わることもある――

単調になりやすい同人誌の制作過程を読ませるのはさすがですね。同人誌作りたくなりました(笑)
それくらいの創作への愛情が伝わってきます。

創作を通して、ずっと抱えていたお姉ちゃんへのコンプレックス、ヒロインの成長、主人公との関係がどう進んでいくのかとてもわくわくしました。

映画のような雰囲気のある盛り上がりに鳥肌。
坂神氏の小説はいつも映像が浮かびます。
アニメ化して欲しい!と思う表現ばかりなのです。
個人的にSNSとタイトルに触れるシーンが一番好きです。

ラブコメが楽しめて、創作したくなるお話。
書き手なら絶対楽しめること間違いなしです♪
エピローグは思わずにやにや。


私はどうやら真摯ながらもツッコミが面白い侑也さんのような人が好みのようです(何の告白)

★★★ Excellent!!!

――

 もはやカクヨムにおいてラブコメ語らせたらこの人の右に出るものは少ないだろうSAKAGAMI師。
 いまさら師の書かれる物語が面白いだなんだ語るつもりはありません。
 レビュー放棄? いえ、ちょろっとでも読めば、気が付きゃ読み終わってますから、レビューは読み手の皆様にお任せします。

 しかし、今回あえて拙いレビューを私が書くのなら、その表現力の面白さである。
 物語の完成度の話ではない。前述したとおり、今更語る必要などないのだ。
 そう、今回書かせていただきたいのは、師の表現技法だ。
 文字の中に音色を感じる技法、そしてわざとらしくなくやりすぎないアプリの表現だ。
 これね、使えるよ。
 この技術パクるなら、いまのうちに読むことおすすめです(爆)

 と、少し茶化し目に書いていますが、オススメですから呼んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

――

オタクって、何かに情熱的に人生を傾けてる人たちのことですよね。

アニメが大好きな女の子に誘われて、同人誌を作ることになる主人公。
様々な新しい出来事や、出会い、悩み、葛藤が待っています。

ふたりの心の成長がゆっくりと丁寧に描かれていて、私も一緒に悩んだり、乗り越えたりした気持ちになりました。

女の子のお姉さんが、人生のヒントのような珠玉のセリフを言ってくれます。赤ペン引きたくなる言葉の数々。

忘れたくない青春の物語です。
情熱が胸に苦しくて、いつまでも浸っていたいです。

★★★ Excellent!!!

――

第2章の終わりまで読ませて頂きました。第1話目から意外性があって惹き込まれました。まさか、まさか気になる女性から声を掛けられた内容がそういう話しだったなんて……!
同人誌に関しては、実際に、随分前に友だちが作っていた所を見たことがありましたので、凄く懐かしい気持ちで読ませて頂きました。
そして、気がつけば一緒に燃えていました。
ひょんな事から始まったかもしれませんが、ページをめくる度に情熱を感じます!

★★★ Excellent!!!

――

 同人誌、ネットでは揶揄するように「薄い本」と呼ばれる、主に商業作品の二次創作を指します。
 本作の主人公は、同級生の女の子から不意に同人誌、それも人気アニメの百合、女の子同士の恋愛ものを作らないかと迫られます。
 戸惑いつつも申し出を引き受ける主人公。作画する設計図、ネームを担当しますが――――

 二人のやり取りを通じて、同人誌を作る過程、印刷所に頼むところや料金、どんなジャンルにするか。
 創作する上で、自分の今現在の力量、自尊心と自己満足とのせめぎあい、ほかの上手な人と自分を比べることでの劣等感。
 ヒロインの色んな感情が描かれています。

 それと同時進行で描かれているのが、二人の仲の進展ぶり。
 資料写真を撮影するために、アニメの舞台になった海岸に聖地巡礼したり、ヒロインの原稿を手伝うために家で二人きりで作業したり。
 主人公目線で語られているため、読者がもどかしい思いをすることも。

 そして念願の本ができあがって、いざ即売会に。
 そこでの経験は二人に何をもたらすのか。

 作中作のアニメのテーマソングまで入れる凝った構成。
 同人誌のことを全く知らない方にも解るように作中人物に語らせることで、プロセスがわかるお仕事ものとしての側面も。

 昨今、市民権を得つつあるオタク。そんな二人のやり取りが愛おしくなるラブコメディー。

 オタ、非オタともに楽しめる一作です。
 

★★★ Excellent!!!

――

高校一年生の冴城と織枝が初めての同人誌を作ります。

百合物が好きな女子である織枝が感じている孤独。
ああ、なるほど、同好の士を得るというのは難しいことなんだね、と彼女の境遇に共感しながら読み進めていけました。

女の子が近くにいてちょっとドキドキしながらも、同好の士として自分にできることを考えていく冴城にも好感が持てます。

同人誌の作り方の説明もすんなりと読めました。
なるほど、なかなか大変な作業なんだな、と興味深かったです。

さらには同人活動をしていくことの尊さについても深く掘り下げられています。

オタクが主人公ということで敬遠するのは少しもったいないかも。
高校生のひと夏を描いた、さわやかな青春物だと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 オタクの恋なんて、チョロいもんである。ちょっとでも優しくされようもんなら、たちまち落ちてしまうものだ。
 まして、「誰でも良かったわけじゃない」などと暗に特別であるかのように扱われれば尚更である。……あぁ、過去を思い出す、ココロガイタイナー。

 のっけから脱線してしまった非礼を詫びつつ、これは、創作を志す全ての人の目に触れて欲しい作品である。

 その読みやすさは決して安っぽいからではなく、スッと入り込んでくる文章。そして、さりげなく描かれた複線は、危うく読み逃しかねないほどに自然で巧みでもある。

 同人誌を作成しながら「同好の士」である二人が「恋人同士」に距離を縮めていく様は尊く、薄い本ならずとも胸が厚く、否、熱くなり、爆発を禁じ得ない。

 だが、それだけではない。
 所々に差し込まれる『夢の夜空のTwinkle』の歌詞に凝縮されるこのストーリーから目を背けてはならない。

 創作という面倒臭い生き方、周囲との距離感を量りかね傷付くことを恐れている姿。
 理想という誇り高く純真な大輪の花に向かい手を伸ばしながら、現実という雑草さえ無い深い闇の沼に無垢な心を沈ませていく。

 売れない? 評価されない? 読まれさえしない? 面白くない? そもそも才能がない?

 じゃあ、何で?

 好きだからだ。そうだからだ。そう、なってしまったからだ。

 或いはその言葉が、SNSでのRTやいいねが、レビューや評価の星が、ひとつ。ただひとつでも心に光を灯し、誰かが見てくれている、その一輪の差し出された花が救ってくれることもある。

 時に、非凡でまばゆい誰かの大きな光は、その小さな光をきらめかせないかもれないが。

 言葉にせずにはいられない、形作らずにはいられない、心から好きなもののことは、誰に向かっても正直に好きだと言える。
 その正しい姿を、この物語は我々に教えてくれるも…続きを読む

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

オタクな主人公の前に現れたヒロイン。一緒に同人誌を作ろうと誘われるところから始まります。
まるで実体験を元に描かれたかの様なリアリティ。同人誌に関する専門知識も懇切丁寧に、かつ、物語の進行の面で邪魔にならない様、自然な流れで書かれています。これは作者様のテクニックの為せる術でしすね。
二人で一つの作品を作って行く想い。
その先に有るのは、ただの物作りという枠を超えたもの。
ネタバレになる為、詳細を語る事は出来ませんが、心温まる素敵なストーリーでした。

★★★ Excellent!!!

――

「同人誌作り」というニッチな題材を扱いつつも、王道の青春ラブストーリーを踏襲した本作。今回も安定の坂神ワールドを堪能させて頂きました。

圧倒的な姉にコンプレックスを抱え、自分はきらめかないと嘆くヒロイン静葉。そんな切ない心情を集約した表題が、とても煌いていて素敵です。まさに青春の光と影、胸がときめいてしまいます。

どのジャンルに措いても、ご自身のスタイルが確立していることは大きな強みです。読者として安心して読めますし、レビュワーとしても自信を持っておすすめ出来ます。この領域に至るまでは、作中の彩花さんさながらに紆余曲折もあったことでしょう。そんな作者様の影なる努力ときらり感じ取れる秀作でした。

★★★ Excellent!!!

――

これは、同人誌の世界を描いた物語です。そして、「同好の士」である主人公・冴城侑也とヒロイン・織枝静葉がラブコメしつつ、初めての同人誌イベント参加に挑む姿が描かれています。

素人である主人公の目を通して、同人誌の制作からイベントへの参加にいたるまでの事細かな内容が紹介されていて、「同人誌って、作るの意外と大変なんだ……。でも、面白そうかも!」と思えるような構成はお見事です。読者である自分までもが同人誌作りに参加しているような気分が楽しめます。

でも、創作の道を志したことがある人なら痛いほど共感できることですが、「好き」を貫いて創り続けることは非常に苦しく、大変なことも多いのです。ありきたりなラブコメだったら、そこらへんの描写をぼかしてしまうでしょうが、この作品では、「好き」を貫くことの苦しみを逃げずに真正面から描いています。そして、ほんのわずかな数でも読者から感想をもらえた時の至上の喜びも、とても共感できます。

創作に挑む人たちは、どんな分野でも苦しみつつ「好き」を貫こうとがんばっている!

そのことが読者に伝わる、とても愛おしい物語だなと思いました。


そして、筆者様の伝家の宝刀「ラブコメ発動時、ヒロインの可愛さが成層圏突破レベルに達して読者は萌え死ぬ」ビームが今作でも炸裂し、中盤の海でのデートやクライマックスでのラブシーンでの静葉ちゃんの可愛さは尋常ではありません。萌え死ぬ読者が続出で死屍累々です。

ていうか、静葉ちゃん、まさか〇〇されて即××するなんて積極的で驚いたよっ! 主人公め、爆発しろ……げふん、げふん、二人とも末永くお幸せに!!


同人誌作りに燃え、ラブコメに萌えられる素晴らしい作品をありがとうございました!
ここに、また新たな魅惑的ヒロインが誕生した……!!

★★★ Excellent!!!

――

魅力的なヒロインを造形する上で、ヒロインにどんな属性・要素を持たせるかということは真っ先に重要になる。近年、オタク文化の隆盛と一般化に伴い、ヒロインの属性に「オタク」を当てはめた作品は実に多い。しかし、この作品ほどヒロインのオタク性が魅力をもって描写され、かつヒロインがオタクであることが物語の根幹の成立に寄与している成功例は、私はほかに見たことがない。
主人公とヒロインの、オタク趣味を通じた瑞々しい青春ドラマもさることながら、同人誌制作に関する百科事典的説明も、良い意味でオタク好みの文章に仕上がっている。つい何度もそうした説明の部分を読み返したくなってしまう。
二人の活動の過程を丁寧に追って描写していく作風は、実際に同人誌制作に関わったことがある人にも、そうでない人にも楽しめる魅力を持っている。
良い意味で「オタクによるオタクのための作品」といえる力作である。

★★★ Excellent!!!

――

あらすじにあるように〝薄い本が熱くなる〟物語。
二人のオタクが織りなすストーリーに思わず心がほっこりします。
同人誌と言う独特な(今ではかなりメジャー? になった)を題材にした男女の仲を描いた作品は、珍しいのではないでしょうか?
そのアイディアも面白いと思ったのですが、内容もアイディアに負けず、楽しめるものとなっています。
加えて、途中で挟まれる同人誌の豆知識なども作品を盛り上げるスパイスとなっていると感じました。
また、文章の構成も非常に読みやすく、次へ次へとページをめくってしまいました。
おススメの作品です。

★★★ Excellent!!!

――

同人誌を通じて、物事に没頭しひたすら邁進することの意義を教えてくれる作品だと思います。

恋愛・ラブコメとして、主人公とヒロインが心理的、精神的な距離を縮めていく過程は、非常に読者の共感を得られるような的確な心理描写で表現されており、とても完成度が高いものと思います。

しかし、『同好の士』が、ある目的に向かって、少しでもより洗練、精錬されたものに昇華させていく様子は、見習うべきものがあるかと思います。
そこには下心はない。(あ、いや、年頃の男の子が女の子相手に、だから全くないわけではないかもしれないですが……(笑))純粋に『同好の士』を尊敬する気持ちの現れが、主人公の気持ちの変化をもたらしたかもしれません。

私は同人誌を作ったことも手に取ったこともないのですが、損得勘定を抜きに好きだから描く(書く)、というモチベーションは、まさしく私自身そしておそらく多くのウェブ小説家の方々に共通することではないでしょうか?

文体は、安っぽくないのにとても読みやすく、少し読むだけで、坂神氏のボキャブラリー、リーダビリティーの高さを感じることができます。
ひとつのエピソードは比較的長めかもしれませんが、少しもストレスを感じることなく読むことができるのも魅力です!
おすすめです☆ミ

★★★ Excellent!!!

――

エピローグを残してますが、物語が最高に盛り上がった後、『ラブクル』主題歌を楽しく歌ってからのレビューになります♬

タイトルにもあるように、オタクな冴城くんとガチオタクな静葉ちゃんが初めての同人誌作りに奮闘しながら距離を縮めていくお話です。
同人誌を手に取ったことすらないオタク成分薄めな私ですが、同人誌を企画し、作り、販売するまでの過程がとても細かくリアルに描写されていて、ディープな世界を垣間見させてもらいました。

それだけでも興味深くて面白かったのですが、この物語のジャンルはもちろんラブコメです。
ガチオタクな静葉ちゃんの言動にツッコミを入れる冴城くん、取材のために二人で行った海で水着を見たいかと彼に問う静葉ちゃん、そして販売会を終えた二人の中に残った気持ち──。
ラブもコメもしっかり楽しませていただきました♡

それにしても、毎回同じことを思ってしまいますが、作者様は癖のあるヒロインを可愛く書くのが本当にお上手です!
吸い込まれそうな黒い瞳を持つ、少し言動のあやしい静葉ちゃんのこと、きっと皆さんも可愛いと思ってしまいますよ( *´꒳`* )

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ひょんなことから始まった同人誌作り。製作過程や作り手の心情がこれでもかというぐらい細かく描写され、イメージどころか目の前でその光景を見ているようでした。相変わらずの作者の手腕には崇拝に近い気持ちを抱きます。
こういった経験のない自分にも、読みながら楽しさや焦り、苦しさを体験しているようで、無事に販売まで辿り着けた話の回では安心からホッ、と溜め息をついたぐらいです。
そして、物語は次のステージへと移行するような雰囲気が……。更新が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

――

ヒロイン静葉ちゃんから、『一緒に同人誌を作ろう』と声をかけられた主人公侑也。
『同好の士』として、創作活動に携わりますが……。


同人誌の制作過程がとても丁寧に描かれ、『あーそうなんだ』『あーなるほど』と、こちらまで創作活動に関わっているような気持ちに。

主人公とヒロインの関係が、じりじりと焦れったい。テンポのいい会話はコメディならではこそ。そこにラブがチラホラと見え隠れし、拝読しながらニヤついている自分がいる。

今後の展開が楽しみです。




(第四章21まで拝読後のレビュー)

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

モノ作りへの情熱、苦心と恋愛?が詰まっていると思います。
読みやすくて面白いです。
ヲタの自覚アリな人は多分テンション上がります。
(自分は専門用語が出るだけで、ひゃっほう!(≧∇≦)ってなります。)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

途中途中で盛り込まれる同人誌の詳しい知識ネタ等の知らない発見もアクセントになって面白いです。
物語もラブコメとして王道?で、ヒロインの多少めんどくさいところが男心をくすぐります。
かわいい女の子に少し振り回されるというのは、男誰しも夢見ることです。ドキドキしますよねぇ笑

恋愛とコメディをしっかりと組み合わさった物語が織り成すハーモニーは威力抜群。引き込まれる世界観。
ラブコメってやっぱりいいなぁと思える作品です!
うまいなぁ。

★★★ Excellent!!!

――

一緒に同人誌を作ろう、とヒロインの静葉ちゃんが主人公の侑也くんに持ち掛けるところからお話が始まります。
同人誌という言葉をご存じない方でも、要所要所でとても丁寧に説明が入るため、すらすらと読み進めていけると思います。
「へー同人誌ってこうやって作るんだー」と私は感心しながら読みふけってました。

より良いものを作ろう、と奮闘する二人の姿はとても好感が持てます。
余談ですが、海辺のシーン…静葉ちゃんの水着姿、私も拝んでみたいです(笑)

作品作りを通して二人の距離もまた、少しずつ縮まっている…ように思えるのですが、結末はどうなるのでしょう。
更新楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

――

最新の第4章18話まで読んでのレビューです。
同人誌づくりをテーマに、語り手の冴城くんがヒロイン静葉ちゃんと、奮戦しながらお互いに近づいていく見事なラブコメ作品です。見事というのはちゃんとコメディーと恋愛要素ががっちりとかみ合ってるという意味です。
語り手の冴城くんは脳内で様々なことを考えてはいますが、基本的に真面目、男気もあって、静葉ちゃんのことが気になりつつもともかく彼女の夢の実現に向けて奔走します。ヒロインの静葉ちゃんも次々と魅力が開花する、なんとも引き出しての多い強力なヒロイン。
この二人のキャラクターに引っ張られて、物語はコミカルにしかしなんとも感動的に突き進んでいきます。そこには二人の微妙な距離感があり、あかされる静葉ちゃんの魅力に身もだえしたり、ノックダウンされたりしながらも、とにかく楽しい話が続きます。
文章も読みやすく、一人称の語りがなんとも面白く、読んでいてとにかく楽しい作品。まだ連載中ですので、ぜひこの機会に!

★★★ Excellent!!!

――

「冴城くん。私と一緒に、同人誌を作りましょう」と、織枝静葉に持ち掛けられた冴城侑也。
 『ラブトゥインクル』の同人誌を作り、間もなく開催される、同人誌即売会に参加するのだと言う。
 高校生活もある。それに、同人誌は、読むのが専門で、作るなんて考えた事もない。
 オフセットのいろはも知らない。それに、画力は、ちょっとばかし残念である。
 織枝は、真面目だが、可愛い。恥ずかしいが、その瞳には、参っている。ちょいと私服も好みかも知れない。
 そんな事は、言っていられない。入稿迄時間が足りない。
 「同好の士」である二人は、同人誌は薄いけど、情熱は誰にも負けずに、大好きな世界を描くんだ!

がんばってください。

ぺこり_(._.)_

★★★ Excellent!!!

――

「同人誌を作らない?」
 隠れ百合オタクの主人公はクラスメイトの少女にそう唐突に声をかけられた。
 そこから『同士』による『健全な同人誌制作』が始まって――

 地味だけと実は、というヒロインに魅力を感じます。
 また同人誌制作までの過程が丁寧に書いてあり、絵を描くツールってこんな風なものがあるんだ、と知識も広がりました。
 ラブコメ、なのですが、恋への関係がゆるゆると進んでいくので、じれったさも感じながら読んでいます。
 また文章が非常に読みやすいので、文字数が決して少な目ではないのにさくさくとつい先を見たくなる小説です。
 オススメです

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 1/3 時点でのレビュー

 私の経験と重なり合う部分とともに、全く違った道を進んで行く二人の存在に魅力を感じます。
 漫画を描いたことがある人なら共感できる部分がいっぱいあるのではないでしょうか?
 また、これから漫画を描きたいと思っている人にも読んでもらいたい内容ですね。

 サークル、憧れちゃうなぁ。
 即売会、いいなぁ……。
 協力して一つのものを作り上げる……う、うう……

 色々な意味で、泣けてきます……。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

いきなり「一緒に同人誌を作ろう」なんて誘われてもねぇ
でもって誘うに値する相手か素行調査って、ちょっとそれストーカー?!

でもそんな面倒くさいヒロインは好きなことには妥協しない(現実逃避は人並みにするっぽい)がんばり屋さんなので、私はこういう子けっこう好きです

★★★ Excellent!!!

――

創作系ラブコメもの。

同人誌には詳しくないですが、作り方や参加の仕方など同人誌ならではの小ネタが多く盛り込まれており、知識を得ながら読み進めることができる作品です。ラブコメとしても王道系であり、読むのが楽しい、そんな内容でした。ヒロインが結構大胆ですね。同人誌を作るのにそこまでするとは……(ネタバレのため自重)。

これから同人誌を通してどのように二人の関係性が変化していくのか、非常に気になるところです。連載中とのことなので星は二つにしますが、今後の展開に期待したいです。ではまた話数が増えたときにお邪魔します。


1/29追記:完結おめでとうございます。同人誌を通じて距離を縮める二人。思わず「爆発しろ!」と叫びたくなるラブコメでした。星追加しておきます。

個人的にはお姉ちゃんが好きです。最後で明かされる秘密、まさかの〇〇だったとは……。

★★★ Excellent!!!

――

 まず興味を引いたのは主人公とヒロインの出会いから物語の中軸における同人誌作成の描写に至るまで丁寧に描かれていることです。

 読み手の脳内補完にまかせたり、知識がないと何を言っているのかわからない小説も多々あるなか、この作品はそれらをきちんと説明されておられこのようなジャンルが初めての方でも安心して読めます。

 とても丁寧に描かれておられるので、現時点では物語としては起承転結の承の段階なのですが、一つの山場を越えたあたりで大化けすること間違いないと感じさせられる内容でした!!

 現在のストーリーが一段落終えたあたりで改めてレビューを書かせていただきたいです!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

同人誌には携わったことがないものの、アニメ好きという共通の趣味を通して異性と交際することは、サブカルファンならば誰しも経験があるのではないでしょうか。

同じ趣味嗜好だから気が合い、行動を共にするうち、打ち解け合って両想いになる……うん、全く自然なことです。一般的にも珍しいことではありません。

アニメの二次創作なんていうグレーなものを題材にしているのが引っかかる人も居るでしょうけど、まぁ著作権云々のモラルについてはこの際、棚上げしちゃいましょう(この先作中で触れるかも知れませんが)。

オタクな男女が同人活動する以上、常に一緒に居るのを怪しまれないために恋人を装うのも厭わない……ヒロインちゃんの変に堂々とした言動がおかしみを覚えます。

あ、僕は地味な子も全然オッケーなんでこんなヒロインに誘われたら二つ返事で承諾しますけどね!

作中に出てくるアニメ作品も、現実にある作品のパロディだったりしてクスリと出来るのも読みどころです。