送り火のとき

作者 彩崎わたる

27

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

そんなに思いつめることないんだよ、と主人公に語りかけたくなるくらいハラハラな展開が続く。
雰囲気がこちらに伝わってくる。
色々なきっかけを元に1つの道を作っていく、そんなお話です。

彼は元々強かったと思う。その強さの使い方を知らなかっただけで。
その「強さ」を初めて使う時がただただせつない。


読了して人様にオススメしておきながらなかなかレビューを上げられずにいました。
上手く言葉で表現できなくて。

★★ Very Good!!

 登場人物の大半が心に何かしらの傷を抱えていた。
 おそらく、その傷が一番深いのがヒロインの南なんだろう……

 そして、お互いに会いたいと願ったからこそ、悲しい再開を果たす。


 別れの痛みを和らげるのは時間だけでは無いと思う。
 楽しむ場所であったり、忙しさであったり……
 ばあちゃんがじいちゃんとの別離を乗り越えられたのも、主人公のように手がかかるけど愛すべき孫がいたからだろう。

 主人公は最後まで後ろ向きな性格でしたが、ヒロインのために絞り出した勇気と決断、それこそがヒロインもまた前に進む……と言う表現はおかしいかも知れませんが、向こうへと旅立つ勇気になったのだろう。


 残された主人公が再び歩み出し笑う切っ掛けを、願わくは早乙女や新しく出会う友人達が与えてくれればと思う。


 『雛葵』さまの紹介で読ませて頂きました。
 『楽しい』という表現は不適かもしれませんが、最後まで楽しく読ませて頂きました。

★★★ Excellent!!!


読み終えるまで
ずっと、ハラハラしっぱなしでした。
でも、あの時あの人の援護射撃がなかったら、
あの壁は越えられなかったかもしれない。
私にも、そんな体験があったなと
思い返しながら読みました。

その出会いの恵みに感謝をし、そして、
その人は私にとって誰よりも忘れがたい存在になります。
この物語の主人公にとっての
彼女のように。

私、あなたの小説も好きですし、
きっと、あなたのことも人として好きですよ。

★★★ Excellent!!!

大好きだったあの子が死んだ。意識はしていなかったけれど、やっぱりその過去に引きずられていた。
そして、その子が現れた。死んだはずの子が、あの日と同じように微笑んだ。甘えたい、ずっとこのまま微睡んでいたい。だって学校での現実はあまりに辛いから。
そんな主人公の成長の物語。良いですね。こういうの好き。