備忘録的にこちらへ今後の更新予定を書いていきます。
上から順に公開していくつもりです。
全て短編、掌編予定でしたが、コンテスト応募用に①〜③は10万文字↑の長編とします。
順次追加。

【更新予定】()内はジャンル
①テレポート・ポート・ポートレート(SF)
②不思議の鏡のアリスアリス(異世界ファンタジー)
③フラグス・フラグメント(ドラマ・ミステリー)

(追記)
ただの更新予定ではあまり面白くないので、過去作品の筆者的オススメ度も記入していくことにしました。
この方が一覧が増えていくので私の精神衛生上よろしい(本音)。
オススメ度は私の作品を読んだことがない方を想定しています。
当社比です。

【完成品オススメ度】()内は主な要素
①未完の書:プレイヤー★★★、未プレイヤー★★(泣・驚・謎・闘)
②バースデイ・バイ・バースデイ:★★★(恋・驚・謎)
③狐ノ嫁入リ:★★★(恋・驚)
④ホテル・ヒルベルト:★(謎)
⑤Error:★★(怖・謎)
⑥空中散歩と成人の儀式:★★★(泣・驚)

17件のコメント

  • とや松と申します!
    楽しみにしてます(*´ω`*)

  • >とや松様

    こんなに早くレスがついているとは!
    ありがとうございます、頑張ります。
    狐ノ嫁入リへの★も、重ねてありがとうございました(`・ω・´)ゞ

  • >ひとみ様

    ありがとうございます、恐れ多いことに1位を取らせていただきました!
    地力が違うのですぐに沈むとは思いますが、しばしお邪魔させてください。
    またいらっしゃってくださいねー!

  • こんばんは~!
    ホラーの後になんとSFまで控えているとは……期待は高まる一方です。
    楽しみにしております!

  • こんばんは!
    ここまで多ジャンルの書き手さまとは……びっくりしました。

    ホテル・ヒルベルト、拝見させていただいてます、ずっと何回も。
    理解できるまで感想は保留で、すみません。

    いつも応援ありがとうございます!

    個人的ですが3・未定が気になります。楽しみ!

  • >空っ手様

    こんばんは!
    上げると言った日から8割型完成はしているのですが、どうにも納得ができずアップに至っておりません。
    何だか申し訳ないですが、もう少々お待ちいただければ幸いです。
    ご期待に添えるかどうか(汗)
    SFはタイトルの通りの感じですが、ホラーよりは手癖で書けるぶん楽に上げられそうですね。
    怖いものを書くというのは本当に難しいものです。

  • >まるけす様

    なんと、繰り返し読んでいただけているとは。
    書き手冥利に尽きますね、ありがとうございます。
    ホテル・ヒルベルトはナンセンス文学色の強い作品ではありますが、一応、謎の部分に関しては論理的に筋道を立てて解釈可能なように作ってあります。
    説明しすぎると途端に魅力が薄れてしまうのがナンセンス文学の難しいところで、少しばかり加筆しようかと悩んだりもしたのですが、とりあえず今の状態で様子を見ようかと考えております。
    未定は本当に未定なので完全にノープランですが、一応題材として、いま住んでいる某大都会の、あるテーマパーク的なところを舞台にするつもりです。
    2000文字前後って、かなりきつい縛りですよね。
    皆さん本当に凄いと思います。

  • >片桐啓治様

    こちらこそ、いつも相談に乗ったりしていただいてありがとうございます。
    ホラー掌編を公開しました。
    最初は種明かしまで書いたのですが、かなり蛇足だったのでバッサリカットして今の「意味がわかると怖い」系の形に落ち着きました。
    うーん、ちゃんと怖いだろうか。

  • >まとりくれあ様

    はじめまして、お越しいただきありがとうございます。
    くれあさんの作品は私にはないもの、特に柔らかさを備えていて、どうしても文章に硬さの目立つ私としては見習いたいものがありました。
    赤面の設定ですが、それくらいの一致はよくあることですよ。
    全然気にしないでください。
    私も落ち着いたらくれあさんの短編を読ませていただきますね。
    ちらっと見た感じ、長編の方とは雰囲気が違いそうで期待しております。
    くれあさんも、季節の変わり目ですので、ご自愛くださいね。
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 街コンから辿って狐の嫁入り読みました。
    レビューに書けなかった感想を書き逃げします。
    ネタバレすみません。まずかったら削除お願いします。



    雨のシーンですが「間に合った」は違う気がします。「(雨が捕獲されるまでに)間に合った」なのだろうけれど、葛葉が言っているから「(私たちが)間に合った」だと読んで、何に間に合ったんだろうと思ってしまいました。

    ラスト、完全に騙し切ったつもりのようですが、途中でまさかと思っている部分があるので、葛葉が気づいている可能性が念頭にあるのが自然なのではと思いました。
    とはいえ、彼女が気づいていたかもしれないけれどというようなことを呟かれるとそれはそれで興ざめな気もします。

  • >藤浪保様

    こんばんは。
    書き逃げということで読んでいただけるかどうか解りませんが、お返事をさせてくださいね。
    まず、読んでいただきありがとうございました。
    「間に合った」に関してですが、読者に解りよい表現よりも、その人物が何を見て何を考えているのかに重点を置いた結果です。
    自分でも悩みはしたのですが、両取りができる表現が見つからず、ここは完全に筆力不足を痛感した箇所でした。
    ラストの騙しきったような演出ですが、途中の省略されたやり取りも含め、主人公は彼女が正体に気づいていないという確信を得るに至ったのだと思われます。
    短編であれ長編であれ、小説には演出を意識した「嘘」が付き物で、狐ノ嫁入リは六割~八割ほどの読者の方が気持ちよく騙されていただければ御の字という目算で書かれた短編です。
    なので、これまで藤浪様のようなご指摘をくださる方がいらっしゃらなかったことが不思議なくらいで、とてもありがたい感想でした。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • >名なしのパーカー様

    こんにちは、さくらもみじです。
    私もまだまだ筆力不足を痛感することが多いですが、そう言ってもらえると嬉しいものですね。
    企画、Twitterの方で拡散してみましょうか。
    私の拡散力でどれだけお役に立てるかはわかりませんが、リンクを貼らせていただきますね。
    恐らく効果が高いであろう本日の夕方以降につぶやいてみます。
    下心、丸出しでもいいと思いますよ。
    こちらから進言したことですから、あまりお気になさらないでくださいね。
    私のような一歩踏み込みきれない立ち回りより、いっそ清々しいとも言えますし。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • >碧依様

    お越しいただきありがとうございます。
    新着に張りついていたときに、第一話を拝読した記憶があります。
    先ほど最新話まで読ませていただきました。
    これからどういった展開になっていくのか、ちょくちょく覗きにうかがいますね!
    完結の折にはレビューさせていただくと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • >碧依様

    こんばんは!
    わかりました、あまり意識せずに読ませていただきますね。
    こうして近況ノートに書き込んでいただければ、遅くとも二日以内にはお返事できますよ。
    あとはTwitterの方で話しかけていただければ、もっと気楽にお話できると思います。
    こんど読了報告がてら、私の方からも碧依様の近況ノートにお邪魔させていただきますね!

  • さくらもみじさま

    ノートにコメントありがとうございます。

    確かにここで駄目だからあっち言ってみようそこでならっていうふわふわした考えがよろしいわけではないですね。

    プロの敷居はたしかに下がりました。その中でお金もらって食べてる人はごく僅かですね……。わたしも人のことを言えない……。

    要はカクヨムの畑に自分(苗)があっているか。もし違うならどうすべきか将来的なことを考えるほうがいい気もします。
    作品書くのが好きで読んでもらって評価貰いたいだけの人には辛いでしょうね。

  • >藍上央理様

    いらっしゃいませー。
    作家やライターという肩書きについては、敷居は下がってハードルが上がったという感じですね。
    カクヨムは一説によればなろうの1/20ほどしかアクティブユーザー(延べ)がいないようです。
    これを由々しき事態と捉えるかどうかは運営様の方針次第かと思いますが、私としては特段、意識するほどではないかなと思います。
    仕様と傾向を分析して刺さる作品を書かなければ、箸にも棒にもかからないのはどこも同じですからね。
    むしろ鶏口となるも牛後となるなかれ、です。
    (スキマノベルに浮気しそうになった奴の戯言)

  • さくらもみじ様

    ふう、本当にカクヨムは戦場のごとしですね。
    カドカワが提示している文庫レーベルの傾向や、それ以上にユーザーの支持なども計算しないといけないですから。
    新しいレーベルもできたようですけど、どういう形でどのような基準でという意識を持つほうがいいんでしょうね。
    読者に関しては、多いという人もいれば、少ないという人もいて、これもなんの確証もないことですね。
    (と言いつつも私も落ち込んだ時読者が少ないとこぼした口ですが……)
    目的意識がはっきりしていれば、カクヨムにいる意味が見いだせる気もします。
    (わたしはなんだかんだとなろうから離れてここにいます^^; なろうはもはや私の短編の保存地域です)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン