フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

シン・始皇帝では月氏のリーダーを女王としていますが、実際この時期の月氏のリーダーがどのような人物だったかは全くわかっていません。月氏は謎の多い民族で、匈奴のように史記に列伝も立てられておらず、その実態がよくわからないのです。

ただ、後に漢の武帝の時代に張騫が大月氏に赴いたとき、月氏には女王がいました。騎馬民族のリーダーが女性なのはかなり珍しいですが、この時点では大月氏はすでに定住の民族となっていました。

小説の中の鷲獅子というのはグリフォンのことです。グリフォンはスキタイの美術品の中にも出てきますが、月氏はアレクサンドロスが中央アジアを制服した時東に追い払われたスキタイの一種という説があります。実際、アルタイ山脈付近でスキタイ文化の遺物が出土しています。匈奴はスキタイの影響を受けて騎馬民族化したと言われていますが、そのスキタイとは月氏のことなのかもしれません。

月氏がスキタイなのだとすれば、後に匈奴に西に追い払われ大月氏となったのは結局故郷に帰ったということになります。西のアレクサンドロスと東の冒頓単于という二大英雄に翻弄された月氏もなかなか数奇な運命を辿ったといえます。

2件のコメント

  •  おはようございます。
     ダンジョンB組金髪先生楽しく読ませていただいています。
     応援コメントに書くと、多くの人の目に触れるのでこちらに書きます。

     孤児院の回で、とある有名な歌詞の替え歌を載せていますが、他の某サイトでも、替え歌を作品に投稿したところ、運営側からその部分の削除要請などなく、アカウント削除という強硬措置がありました。

     このサイトでも、規約禁止事項13条9項に触れる恐れがあります。
     それにともすると、面白半分に運営に通報する輩が出るかもしれません、歌詞についてはご一考ください。
     なお、こちらを確認したらこのコメントも削除してかまいません。

     これからも楽しく読ませていただきます、ではよろしくどうぞ。

  • コメントありがとうございました。
    さっそく対処したいと思います。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン