本日をもちまして、ノベルゼロコン参加作品『阿呆鳥の狂詩曲』は完結しました。
今までお付き合い頂いた方、この場を借りてお礼を申し上げます。

考えてみると、10万字を超える作品を完成させたのはこれが初めてです。
本当はもっと入れたいエピソードが幾つかありましたが、それをしていると20万字を超えてしまい期限に間に合わなくなるので、今回はこれで良しとします。

作家にも色々なタイプの人がいて、物語の結末を最初から決めている人と、決めずに書き始める人がいるのだそうです。
上橋菜穂子さんは後者だと言っていましたが、今回の作品についてはラストは最初から決めていました。
ゴールが最初から決まっているので、長くても割と書きやすかったような気がします。

本当はもっと細部の設定など詰めたいところもありましたが、限られた時間の中で結果を出さなければいけないのがコンテストなので、まずはこれで完成とします。
次の作品の予定はまだ立っていませんが、いずれまたどこかでお会いしましょう。