こんばんは。インフルを疑って陰性だった風邪が長引き、ほとんどの時間を布団の中で過ごした三連休み。
おかげさまで、『鎮魂館<レクイエム>へようこそ!』が完結したため、暇な時間をヨム活動にあてることができました(*^_^*)


さて、そんな中、今日ふと降りてきてしまいました。
新たな長編小説のアイデアが……


『ちんこんかん』で自身初の和風ファンタジー要素を入れてみて思ったんですよね。
私、やっぱり古語が好きだなーって(*'ω'*)
ただ、今回の『ちんこんかん』は正直言って乙女系ラノベの売れ筋からは離れていると思うんです。
どちらかというとバトルに関しては往年のサンデーかマガジンかっていう自己分析で、あまり女子向けではありません。

じゃあ、和風ファンタジーの売れ筋っぽいものをもし自分が書くなら?

そんなことをつらつらと考えていたら閃いてしまったのですよ。

これは売れ筋に近いんじゃないか?っていう物語を。



『ちんこんかん』は書くことを自分も楽しめたし、書いたことにもちろん悔いはありませんが、客観的に見たら、カクヨムコンの恋愛部門にはこちらを出すべきだったんだろうな、と。
ただ、それも『ちんこんかん』あってのアイデアですし、あと半月で十万字なんてとても間に合いません。

じゃあ来年までとっておく?
いや、来年はまた別のアイデアが出てくるかもだし、それまでに設定のかぶる物語が出てきちゃったら嫌だし(;´・ω・)



そこで思い出したんです。「第18回角川ビーンズ小説大賞」がカクヨムから応募できるってこと。
締め切りは3月31日。頑張ればなんとか完結させられるかな……



せっかく降りてきたので、ちょっと挑戦してみようかと思います。

今日の今日の思いつきでまだ一文字も書いてませんし、公開日はまったく未定です。おそらくカクヨムコンの読者選考期間中は公開しないと思います。



タイトル(仮)はもう決まっています。
『襲乃色目ーかさねのいろめー』

上記の経緯につき、内容はビーンズ文庫チックな乙女系ラノベ(平安風和風ファンタジー)となると思います。

☆☆☆

あっ、一部の方が楽しみにしてくださっている(?)越川家庭菜園ネタもちゃんと考えてます!

こちらの仮タイトルは
『やさい畑で実らせて♡ ~憑依される男女の狂想曲~』

ヒロイン×メガネ
相手役?×野菜の精霊「トマ子」
相手役?に惚れるゲイ×二丁目のママ(怨霊)
ヒロインの後輩ライバル?×瞳子(生霊)
越川圭介×かませ犬(あやかし)

それぞれがそれぞれに憑依されてカオスになるという、ゆるーいキャラ文芸を書く予定です。

並行連載のように器用な真似ができるか自信がありませんが、書けるときに書ける方を書きながらやっていきたいなと思います。

ご興味ありましたら公開の折に覗いていただければ幸いです(*^_^*)

58件のコメント

  • 「襲(かさね)の色目」というのは、いわゆる十二単のカラーコディネートパターンで、「蘇芳の匂」「萌黄の匂」「花山吹」など、カラーバリエーションもその名前も美しいんですよね(*^_^*)

    で、それを物語の中心に据えて、舞台を平安時代の日本に似た異世界にしようかと。
    ヒロインは、龍の放出する神素で染められた「龍衣」の色目を組み合わせ、「襲(かさね)」という魔法衣にしてあやかしと戦う女官という設定。
    女官がお守りするのはもちろん帝(相手役その1)。
    そして、龍衣の染め師である男(相手役その2)とも良い雰囲気となる、乙女向け三角関係の予定。
    あやかしは『ちんこんかん』ほど力を入れる予定はなく、都にちょこちょこ現れる物の怪のたぐい程度の設定にしようかな。
    やっぱりメインは恋愛の方で。

    そんな風にイメージしてます。

  • おー、楽しみです。3月いっぱいなら大丈夫かな。頑張ってー(≧∀≦)

  • youさん、早速ありがとうございます(*^_^*)

    間に合うかは自信ないですけど、書くだけ書いてみようかな、と。
    間に合わなければ別のコンテストに出してもいいし(^^)

    実は、カクヨムコン短編部門用に考えてあった異世界ファンタジーもののアイデアもあるんですよ(笑)

    『高橋遼太郎一家は “忖度” で異世界を支配する』

    書く時間が取れないのにタイトルばっかり浮かんできて困ります(^_^;

  • こんばんは、ひまちゃん♪

    降りたら書くべしっ。
    俺も、エルフとのイチャイチャぺろぺろ同棲ラブコメが降りたので書いてます。

    でも三月三十一日とは、また結構タイトな日程だね(^-^;

    ひまちゃんも近況ノート閉じてカクに集中すればいいのに(笑

    じゃ、また(^▽^)/

    つーか、『高橋遼太郎一家は “忖度” で異世界を支配する』面白そうじゃないっ(≧▽≦) 早く書いて書いて(無責任)。

  • ノエル先輩、こんばんは(´∀`*)

    エラゴンアークのどシリアスなお話の裏でそんなエロそうなラブコメを書いてるんですかっ!?
    さすが!さすがです!!(*゚∀゚*)

    先輩がノート閉じちゃってるので、時々こっそり覗きに行ってるんですよ(笑)
    「そろそろコメント欄開いてるかな~」って♬←ストーカー

    降りたら書くべしですかっ✨
    頑張りますっ!

    異世界忖度は書きたいけど今さら感も半端ないですよね(笑)

  • ひまわりちゃん、こんばんは。
    連載おつかれさまでした。
    レビュー書きますと言っておきながら、書けそうにありません。ごめんなさい。
    新作も楽しみにしております。

  • 香純ちゃん、おはようございます(´∀`*)

    そんなそんな、謝る必要なんかないですって💦

    レビューはもちろんいただけることはとてもありがたく嬉しいものではありますが、自作を楽しんでいただけた時点で、もう十分ありがたいのですから(❁´ω`❁)✨

    インフルエンザも本格的に流行していますし、お体に気をつけてくださいね!

  • ひっまわりちゃん、おこんにちは♪

    多重人格者間違いなしのつばき、でございます。

    お身体の具合はいかがでございましょう。
    どうぞご無理なさらないでネ☆

    もうひまわりちゃんのバイタリティに驚いております!
    和風ファンタジー、楽しみでございますわねえ。

    インプットにいそしんで、アウトプットいたしました第一弾、「薔薇美の物語」。
    ひまわりちゃんには応援コメントに素敵なレビューまで頂戴いたしまして、心より御礼申し上げます!

    インプットしたと豪語していたわりには、アレかよう。
    などと皆さまにお叱りを受けそうなお話になってしまいました、トホホ……

    やはり、つばきにはまともな物語は紡げそうにもありませぬ。
    ここは開き直って、オチャラケ話を粗製濫造いたすしかありませぬわね。

    お目通しくだすって、本当にありがとうございます♡

    あ、実はリアルで本日も「ボヘミアンラプソディ」をマジに観にいってましたの。ひまわりちゃんも体調がもどられたら、ぜひご覧になって。
    ちなみに、おじさんらしき殿方はいらっしゃいませんでした。

    また遊びにまいりますわね♬

  • 陽野ひまわり様

    こんばんは。お疲れ様です。
    新作の予告に胸躍る私です。
    色には、様々な意味や力が込められ、染色の技術や色に込められた歴史も深く、
    とても興味深い世界ですよね。
    陽野様が生み出される、平安和風ファンタジー
    素敵過ぎます。古今東西の歴史物は大好物なので楽しみです。
    ロマンですよね、ロマン。

    陽野様の脳内で起きたアイデアの化学反応。楽しみにお待ちしております。
    ますますのご活躍と成功をお祈り申し上げます。

    インフルエンザだけではなく、風疹も地味に広がっています。
    何よりも、ご無理なさらず、お大事になさって下さい。


  • つばきちゃん、こんばんは~(´∀`*)✨

    こちらへの返信が遅れましてすみませんっ💦
    ボヘミアン・ラプソディを観てから、本日改めて薔薇美さんの物語を拝読いたしました♬

    最後のライブシーンで最高に気分が高揚する薔薇美さんの気持ちがよーくわかりましたよ(*´艸`)
    さすがに私のいたシアターにヘッドバンキングしている人影はありませんでしたが、私も思わず「ウィィ~アザチャンピョ~ン」と熱唱したくなりました(*^_^*)

    浮かんできたアイデアを書ききれるバイタリティがあるかどうか、まだ自信はないのですが、もしも期日に間に合わなくても、せっかくなのでチャレンジしてみようかと。

    つばきちゃんのようにたっぷりとインプットの時間を確保したい気持ちはありますけれど、フレディのパフォーマーとしての強烈な煌めきを胸に刻み、私も小説という形で多少なりとも人の心を動かせたらいいなと思います♬

    つばきちゃんの強烈ながらコミカルなキャラを作り出す想像力と筆力はもちろんのこと、とても美しく心温まる物語も、妖しくおどろおどろしいバトルものも、何でもバッチコイでございますので、次の作品も楽しみにしております\(*´▽`*)/

  • 八住さま、こんばんは(´∀`*)
    わざわざコメントくださりありがとうございます✨

    こんな人目に触れるところに書いてしまいましたが、果たして和風ファンタジー、上手く形になるかどうか……(^_^;
    出だしだけ書いてみたのですが、やはり期日に間に合う気がしないのです💦

    期日に間に合わなくても、八住さまはじめ期待してくださる方を楽しませられるクオリティのものができそうであれば、改めて公開のお知らせをさせていただきたいと思います(*^_^*)

    インフルエンザや胃腸炎、お腹の風邪など、冬は何かと病気が流行りますので、八住さまもくれぐれもお体ご自愛の上、連載頑張ってくださいね!

  • 陽野ひまわり様

    こんばんは。お疲れ様です。
    陽野様。レビューばかりではなく
    素敵過ぎるコメントまで付けていただき・・・
    震えております。西野○ナちゃんくらいに震えております!
    (微妙に古い歌で恐縮です)

    コメントに、拙作のオリジナルワードをふんだんに散りばめて下さったばかりか、
    拙作を深く読み込んでいただいて。
    本当に本当に、ありがとうございます。

    (文字数の期限に関しては、来月の7日までらしいですが)
    31日までに10万文字を投稿し、
    完結までノロノロと更新する予定です。
    例のキャラは、この先も準主役級で出て来ますので、
    のんびりと、また遊びに来ていただけると幸いです。

    本日と言わず、更新のたびいらして下さって
    本当に感謝しております。
    重ねて、ありがとうございました。


  • 八住さま

    こんにちは(*^_^*)
    わざわざコメントくださりありがとうございます!

    書かせていただいたレビューですが、どこまであの素晴らしい世界観を紹介できたか、ちょっと自信がありませんでした💦

    震えていただけてとても嬉しいですが、もしも解釈を間違えていたり、バラしたくないネタバレが含まれておりましたら、どうか遠慮なくご指摘ください!

    アムールはやはり士紅君のキャラ同様、文句なしにいい男という雰囲気がしてますが、本作での私のお気に入りはやはりコウジュン様です(*´艸`)
    破天荒な聖人なのに弟子思いとかモフモフ好きとか萌えます✨
    この先も楽しみにしておりますので、お体に気をつけて執筆頑張ってください!

  • お、おお。ビーズログですか!
    乙女系、、未知の世界です。


    レビューありがとうございますー。

  • うみさん

    いえいえー
    コンテストもラストスパートな感じなので、応援の意味で書かせてもらいました(^^)

    ビーズログ、結局書き進められておらず💦
    やっぱり自分の路線とは少し違うのかもしれないです(^_^;

  • カクコン作品を書き終わったところで更にビーンズとは。
    おかしい、おかしいですぞ主(あるじ)!
    一昔前まで私と一緒にストック無い無い地獄だったハズなのにっw
    その体力、まさか十代……いや、何も言うまい

     (  )
     (Д゚ )
     ( ゚Д゚)
     


  • あっ、ノートを隠す前に詩さんに見つかってしまったっΣ(゚д゚lll)


    いえ、あの、こんなこと書いたわりに実はまったく書けなくてですね(苦笑)
    三話ほど書いて放置して、今は越川菜園書いているという(^_^;

    ストックなんて所詮は泡沫の夢。
    手にした途端に儚く消えてしまう淡雪のようなもの。

    詩的に書いてみましたが、要はあの頃と何も変わってないっていうことですね( ゚д゚)

  • こんばんはー

    この度は「解魔封印師邂逅譚 ―影の形に添うように―」をお読みくださり、素敵なレビューまでありがとうございます!!
    まだまだ完結しそうにない物語なので、レビューはつかないと思っていたのですが、こんなにも励みになるレビューをいただけるとは!
    もう嬉しくて、嬉しくて、小躍りしています。

    本当にありがとうございました!!
    <(_ _*)>

  • トイレ本での帯デビュー(??)おめでとうございます!
    私も魔物栽培でデビューした経歴があるので帯仲間、いわゆるオビフレですね!

  • 江田さま、おはようございます。
    わざわざお越しくださりありがとうございます(^^)

    コンテスト作品なので、微力ながら期間中にレビューで応援したかったのですが、普段完結後にレビューを書くことが多いのでタイミングや内容など(これで大丈夫かな)とちょっと不安でした(^_^;

    作者様に喜んでいただけるのならば本望です!

  • 詩さん、おはようございます(´∀`*)

    おっ、もう手元に届いてますか✨

    私は書店へ購入しに行く予定です♪
    カクヨムの鳥の図書カードを束にしてねっ(言いながらユーリさんをチラ見する)

    オビフレ……なんだか淫靡な響きですw

  • あ。たぶん私もオビフレかも。
    同じく鳥の図書カー、おっとユーリさんに悪いからこの先は察してください。

  • 陽野さん
    こんにちは。

    このたびは『たとえこの身が灰になったとしても、俺は何度でも君に愛を誓うだろう。』
    完読、素敵なレビューまでありがとうございました。
    レビューを拝読し、とても嬉しかったです。

    次作は平安風和風ファンタジーなんですね。
    平安風、楽しみです。( ´艸`)ワクワク。
    自分の書けないジャンルなので、勉強させていただきます。

  • 帯にひまわりちゃんがいるの!?
    ヨシタケシンスケさん好きだから気になっていたのだけど、帯にひまわりちゃんがいるならばこれは必ずゲットしにいかねば!!

  • 関川さん

    おお!関川さんもトイレでデビューですか!?(*゚∀゚*)

    今日は急用入って書店に行けなかったんですよね(><)
    週末になるかもですがオビフレ探すの楽しみです♬

  • あ、またオビフレでユーリさんに疎外感を与えてしまうかも……(|| ゚Д゚)

  • ayaneさん、こんばんは(´∀`*)

    わざわざコメントありがとうございます✨
    予想のつかない展開でハラハラと楽しませていただきました!

    完結してる~!と家を出る前に待ちきれずに慌てて読んでしまったため、色々と読解不足ですみませんでした(><)
    先ほどラストを読み直しさせていただきました♬

    大作の完結お疲れ様でした✨

    平安ファンタジーはですね……すみません、筆が進んでなくて、当面お蔵入りになるかもしれません(^_^;

  • まりちゃん

    そうなの! 帯にレビューの見出し(?)を使ってくれるらしい✨

    表紙のイラストはあさみさんのノートからリンクで拝見したけど、とっても可愛かったよ(≧▽≦)

  • 見てきた♥️
    可愛いね✨
    ひまわりちゃんの帯があるならば、なおさらゲットせねば✨です!!

  • ひまわり、フタヒロ、ゆうけんの三勇士が帯で、しかも繋がってるとか。
    何かの力が働いたとしか思えない(笑)
    しかも『背』表紙側ですからね!
    私とはオビフレですが三人はセフ――
    おっと、これ以上書くとユーリさんが悔し涙を流すのでひかえます。

  • こんばんは~(*´▽`*)
    このたびは、「呪われた龍にくちづけを」の第一幕に素晴らしいレビューをいただいた上に、第二幕までお読みいただき、本当にありがとうございます~!(≧▽≦)

    第二幕は第一幕以上に長いので、どうぞ、ご無理のない範囲で……(><)

    「襲乃色目」、なかなか……ということですが、アップされた際には、ぜひとも読ませていただきます!(*´▽`*)
    私も、平安時代好きです~! 襲の名前とかもう、素敵な言葉ばかりで、日本語の美しさにやられてしまいます……(><)

  • 佐月さん
    (はじめましてm(__)m)

    フタヒロさんもゆうけんさんも!それは帯に加工を施したくなるほど貴重ですね!!

    三人はセフ―

    (大爆笑)

    教えて下さりありがとうございます!
    書店へゴーします!

  • さつき
    『嘉田 まりこさん、はじめまして! そうなのですよ。カクヨム界の三大天使がまさかの共演ですからね。むしろ本を買ったのではなく帯をラミネート加工するために購入したといっても過言ではな――』

    あさみ
    『なんか言った?』

    さつき
    『いえ冗談です。もちろん本が本命ですともっ💦』

    ひまわり
    『よそでやれ!』

  • まりちゃん

    見てきてくれた!?(*゚∀゚*)

    なんと、大天使フタヒロとゆうけんサンタとセフ──になろうとはっ!!(笑)

    今日買いに行けるかなあ?
    週末になるかなあ?
    待ちきれないっ!

  • 詩さん

    私とフタヒロとゆうけんさんがセフ──

    これはもうカクヨム版純情と激情が書けるじゃないですかっ!!(使命感)
    詩さんに瞳子は譲るとして、私はビッチのほうでw
    あ、どっちもビッチでした。

  • 帯のラミネート加工っ✨

    本はトイレに置いておいて、帯は額縁に飾ろうかな✨

    あさみ『お前らいい加減にしろ!』

  • 綾束さま

    おはようございます(*^_^*)
    あの物語がどストライクすぎて、応援コメントしすぎてすみませんっ💦
    聞けば、秘技を使ってまでラストスパートをかけている真っ最中とのことですのに(><)
    返信はどうぞほっといて、ラストスパート頑張ってください!!

    大長編とのことで、第二章はじっくり楽しませていただくためにも読む途中でお星様だけ入れさせていただくことになりそうです💦
    レビューは読了後に書かせていただきますね!

    襲乃色目ですが、書き始めたら(これは勢いでは書けないかも……)となってます(^_^;
    ビーンズ大賞に出すとなると二ヶ月で完結しないといけないので、今回は諦めてじっくり書いていこうかな~などと考えております。
    綾束さまの『呪われた龍にくちづけを』は、練っていた設定で共通したところがあって、楽しいだけでなく大変勉強になりました✨

  • 爆笑爆笑大爆笑

    三大天使を帯に集めるとは、KADOKAWA攻めてる!!
    え?攻め……?
    ビッチなひまわりちゃん(ごめん笑)が、フタヒロエル様とゆうけんサンタを攻めに攻めまくる『激情と激情』(!)が出版されるフラグだな!✨

    あさみさん、ご安心を!
    わたくし、本に帯を付ける技術を身につけておりますので!笑

  • まりちゃん

    『激情と激情』!!(爆笑)
    どんだけ激しいんだよ!!とツッコミを入れたくなる!!

    え?まりちゃんそういう系のお仕事の経験があるのかな(*゚∀゚*)
    あれもきっと熟練の技だとピシッときれいに手早くつけられるんだろうね✨

    昨日最寄りの書店に行ったら、在庫なくて来週の取り寄せになっちゃった(´・ω・`)
    楽しみ楽しみ♬

  • 笑笑。激しいでしょ(笑)

    そうなの、まりちゃんそういう系のお仕事✨てへ(*´∀`*)

    在庫がないとは!帯の取り合いが全国で起こっている模様!!!
    (私は今日これからゲットしにいきます♥️)

  • まりちゃん、おはよう~(´∀`*)

    トイレ小説ゲットできたかな(*^_^*)

    有隣堂のレジで注文するとき、おねえさんに「トイレで読む、トイレのための、トイレ小説、でよろしいですか?」とはっきりと区切られて確認された時に超恥ずかった!!(笑)

  • こんばんは~(*´▽`*)
    このたびは「呪われた龍にくちづけを」の第二幕にまで素晴らしいレビューをいただき、本当にありがとうございます~!ヾ(*´∀`*)ノ

    陽野様のストライクゾーンに入ってなによりです!(*´▽`*)

    「襲乃色目」、二ヶ月はかなり厳しいですよね……。私だったら絶対無理です(><)
    現代と違う時代だと、調べたくなることも多くなりますもんね……(><)

    じっくりと満足のいく作品をお書きください(*´▽`*)
    応援しております~っ!(≧▽≦)

  • 先日は私のほうの近況ノートにお越しくださいましてありがとうございました。インフルにやられてすっかりお返事が遅くなってしまったので、こちらにお邪魔します~m(_ _)m

    「ちんこんかん」大好きです~(≧▽≦)岡本玲子さんと野村萬斎さんの「陰陽師」を源に、リサーチとオリジナリティを融合させて、ひまわり様独自のあんな素敵な物語が生まれたのですね! 「読み手が望む要素」がこれでもかと詰まっていて(しかも各要素がきちんと計算されて配置されているのがスゴイ!)、本当に楽しくて幸せな時間を過ごさせていただきました(*´ω`*)

    そして、もうご新作のアイデアが! 楽しみです~\(≧▽≦)/

  • 綾束さま、こんばんは(´∀`*)
    またまたわざわざコメントにいらしてくださりありがとうごさいますっ✨

    まだまだ多くの伏線が残されてますし、第三幕もとっても楽しみです♬
    個人的には、あの遼淵の高弟という周康は、明珠を取り込んで蚕家の後継者になり変わろうとしてるんじゃないか、そこで龍翔さまと一悶着あるんじゃないか、などと勝手に予測しています(*´艸`)
    いずれにしても、さらなる甘々を楽しみにしていますね!!

    実は、勢いで何とか書けそうな別作品をこそこそと試し書きしておりまして(^_^;
    このままこちらが勢いで完走できそうならば、そっちを先に公開しようかな……なんて(^_^;
    ご期待になかなか添えずにすみません💦
    書くのをやめるわけではないので、そのうち満を持して書きたいなあと思っています!

  • 弦巻さま、こんばんは(´∀`*)
    ええっ!? インフルにかかっておいででしたか……(><)
    うちも家族でインフル患者が出ましたが、幸い他の者にはうつりませんでした。
    私は昨年Bにかかりましたが、本当に辛いですよね((((;゚Д゚))))
    体力もかなり消耗していると思うので、病み上がりもくれぐれも無理せずゆったりお過ごしくださいね✨

    『ちんこんかん』大好きだと言っていただけてめちゃくちゃ嬉しいです!!(≧▽≦)✨
    陰陽師好きの弦巻さまに楽しんでいただけたのは、大きな励みになります!
    三人の掛け合いは書くのも楽しくて、それが読む方の楽しさと一致しているならばこれほど嬉しいことはありません(*^_^*)

    新作は……現状アイデアを書きなぐるだけになってますね(苦笑)
    いつかきちんと形にできるように頑張りたいと思います!
    わざわざお返事にお越しくださりありがとうございました✨

  • うおお久しぶりです!
    (窓ガラスを腕クロス飛び込み割で登場)


    チンコンカンおもしろかったです!
    と、いうか。読んでいて途中で

    「あれ? ボク女子向けの陰陽師モノ買ったっけ……」

    て錯覚しましたよ。マジで。純情と激情から
    さらに作品としての完成度が上がっていました。隙がなさ過ぎです!
    「読む方を楽しませよう」という思いがバシバシ伝わってきました。


    「腕をあげたのお、ひまわりよ。ゴホゴホッ」と咳き込んでみます。


    おまえ何目線だよと突っ込まれる前に立ち去ります。

  • ガラナさん、おはようございます(´∀`*)
    (血だらけのガラナさんの腕にオロナイン軟膏を塗りながらご挨拶)

    いやいや、両手放しのお褒めの言葉に恐縮ですよ💦
    自分では楽しく書きながらも(女子向け小説なのに少年誌ばりのガチバトルメインってどうなんだ)と常に疑問もってましたからね(^_^;
    まあ、自分が書きたかったからそれでいいか、って納得して書ききりました!

    老い先短いお師匠様に一人前と認めてもらえるように一層精進に励みます!

  • ひまたん♪

    あ、一応こっちにも。

    「二月七日、二十一時五分、三つのお星様の投入を確認致しました('◇')ゞ」


    ズダダッ💨(それだけ言って帰るノエル)

  • 放置されて久しいノエル先輩だが、そのプレイに体は火照っていた⤴
    「俺はMじゃない、Sのはずだ」そう自分に言い聞かせるノエル先輩。
    しかし無常にも心に芽生えた感情は小さくなるどころか、
    日を追うごとに大きくなってくる。
    「このままではいけない、いけないけどそれが良い……」
    もはやノエル先輩を救えるのは女王ひまわりのキツい言葉だけだった。

  • 「ふふ、そろそろかしら……」

    真っ暗な部屋に煌々とPCの画面が光る。
    その正面に照らし出されるのは、口の端を僅かに上げるひまわりの顔貌であった。

    「さあ、おねだりしてみてごらん。犬のように尻尾を振って “ください” って懇願しなさい。そうすればこの私が服従の悦びをあなたに教えてあげるわ、ノエル先輩──」



    ☆☆☆



    完っっ全に 返 信 忘 れ て ま し た www



    ノエルパイセン、すみませんっっっ!!!
    (ま、まあ、入れ忘れてたお星さまを入れ直したことについての事務連絡だけだしっ? 先輩もきっとわざわざ返信確認に来てないだろうしっ?)

    いやー、詩さんありがとうございましたwww

    ここのところ夏野菜の作付け計画と育苗準備にかかりきりで、近況ノートの存在をすっかり忘れてました(´-ω-`;)ゞ


    ……え? ストック?
    それって種と苗どっちから育てられますか?

  • 放置プレイの心地よさが癖になってきて、「あー、まだよ、まだ返信しちゃ駄目っ。ボクのことは放っておいて、ひまちゃんッ、ああ♡!!」と全裸で身悶えていたところで、返信が……っ!

    実は「ください」より「返信しないで」が良かったり(笑


    いや、こっちも単なる連絡だし、だからわざわざ返信しないよねと思っていたので気にしてないよー。もっと放置してよかったのにw

    では越川外伝??の執筆がんばってね♪

    (久々に服を着用するノエル)

  • ノエルせんぱい

    >わざわざ返信しないよねと思っていた

    そう言いつつも早速ノート確認しに来てくださってるじゃないですか!!www
    いやもうほんとすいません……なんて言葉はパイセンはお望みじゃないってことですね!?

    ☆☆☆

    「たかが一週間の放置プレイで喜ぶなんて、犬にも劣るわね。私に断りもなく着たそのスーツをもう一度脱いで裸になりなさい。ネクタイと靴下だけを身につけた無様な姿をカクヨムに晒して、羞恥に悶えるがいいわ」

    蝶の仮面で顔貌を覆った女王ひまわりは、ノエルのネクタイを締め上げるように握り、息苦しさに呻く彼の耳元で妖艶に囁くのであった。



  • 陽野ひまわりさん

    【番外編】乙女ゲームの攻略対象キャラのポジションに転生しました。って、アタシ女の子なんだけど⁉』にレビューをくださってありがとうございます。

    本編では描き切れなかったネタをどうにかして出したいと思い、筆を執った今作。
    お母さんやエリカも出てきて、何だか完全に御門さん一家の為の物語になってしまいましたけど、番外編なんだからいいですよね。鳥さんや牧さんが主役の話も書けましたし!(^^)!

    長きに渡って応援してくださって、ありがとうございました(≧▽≦)

  • ひまたんへ♪

    「べ、別に返信なんて期待してないんだからねっ」と思いつつ、四十分に一回は覗きにきてますんでっ。
    その度に「まだない……」と落ち込んで、この一週間、仕事も手がつかなくて執筆も全くはかどらなかったよ。「もう生きていたってしょうがないな。明日、返信がなかったら富士の樹海に行こう」と決心したところで、来ましたっ(≧▽≦)



    ☆☆☆

    「キャンキャンッ、キャンキャンッ!」

    女王ひまわりから返信が来て大喜びの下僕、ノエル。
    ノエルは云われた通り靴下とネクタイだけの姿になると、発情したイヌのようにパソコンにしがみ付く。

    「ひまわり様、ひまわり様っ、もっと締めてっ、蹴ってっ、踏んづけてっ、引っ張ってぇっ!」

    ノエルはそのパソコンを女王ひまわりだと思い込み、あらゆる羞恥プレイを要求する。しかしうんともすんとも言ってくれないので、気付いていないのかと思い、彼は女王ひまわりの腕を噛んだ。しかし実際にはそれはパソコンのケーブルであり、ノエルは運悪く感電した。

    「アハアアアアンッ!」

    極上のエクスタシーを覚えながら焦げるノエル。
    死にゆく自分を感じながら、ノエルはそれでも言わねばならないことを口にする。

    「ちんこ……ん、かん……全然、応援コメント、か、書けなくて、ごめん、ね……。ち、ちょっと、し、しし、執筆のほうに、夢中……になっちゃって、さ。本当に、……ご、めん」

    そこで二度目の昇天のノエル。しかし予備電源で起き上がるとまた何か云った。

    「う、……詩ちゃん、ナ、ナイスアシスト、ありが、とう。あ……あのまま、放置されていた、ら、……い、いい、今頃、富士の樹海で五輪、ご臨終だった、よ」

    予備電源の切れたノエル。
    彼の妻がその死に気づくのは一週間後、離婚届けを叩きつけに来た時だった。

    【完】



  • 無月さん

    おはようございます(^^)
    わざわざコメントにいらしてくださりありがとうございます!

    本編から読み始め、ずっと旭や御門さんのドタバタぶりを楽しませてもらっていたので、終わってしまって寂しい気持ちと、番外編まで長らく楽しませていただけたことに満たされた気持ちと両方あります(*^_^*)

    鳥さんと牧さんがいなければ、御門さんのキャラもここまで輝くことはなかったでしょうし、彼女たちは影の功労者ですね✨

    本当にお疲れ様でした&楽しい物語をありがとうございました!!

  • ノエルせんぱい

    ふう……危なかった……
    詩さんのツッコミがあと一日遅かったら、先輩を樹海送りにするところでした……って、全裸で感電死してるじゃないですかっっっ!!(雛壇芸人ばりの立ち上がりツッコミ)

    しかも泣く子も黙る実力派作者様に、完結済みのSMSSまで書ききっていただきました✨(笑)

    こんな風に超フレンドリーに接してくださるノエル先輩。
    応援コメントに人目も憚らず、大賞受賞作家の威厳も捨てて下ネタコメントを堂々と書いてくださるノエル先輩。
    そんな先輩を慕いこそすれ、応援コメントがつかなかったからと言って恨みに思っているわけないじゃないですか!

    (先輩が無言の♡マークだけを連打するなんて、お義理で読みに来てくださってるに違いないわ。女子向けのイケメン挟みを設定したにも関わらず恋愛要素は中途半端だし、バトルは少年誌みたいに無駄に力が入って女子ウケしなさそうだし、読者ターゲットや売り込むレーベルをきちんと意識して書けていない事実を暗に指摘されている?それとも単に読みかけてコメントや足跡を残した手前、クソつまらない小説を読まなければならない苦痛に耐えつつお慈悲で♡を残してくださっている?)
    なんてことを考えたのはほんの0.00001秒くらいのことなので、お気になさらないでくださいね♡

    あっ、このコメントのお返事もお気になさらず!
    エロフとのイチャラブ同棲ラブコメも、エラゴンアークの第二部も楽しみに待ってますので、貴重なお時間をやりくりしての執筆がんばってください!!

  • 2019年2月16日 6:44。
    ひまわりからのコメントを投稿から僅か40分後に確認したノエル先輩。
    彼はPCの前で愛人ひまわりからのコメントを読んでいた。
    「今度は俺が、俺がひまたんを攻める番だ……」
    そうは思っても一向に気が乗らない。一行書いては消し、また書いては消しを繰り返し、遂にはキーボードの上でその指が止まる。暗い部屋の中、ディスプレイの放つ光だけが彼の手元を照らしていた。右手には使い慣れたマウス、そして左手はキーボードのプラインドポイントの上。そう、ノエル先輩は基本に忠実なのだ。
    そしてキーボードの隣りに目を向ける。コーヒーカップの横に、一枚の紙切れが四つ折りになって置かれていた。
     _ 人 人 人 _
    >  離婚届 ! <
      ̄ Y   Y  Y   ̄
    愛妻から突き付けられた酷い仕打ちの余波がノエル先輩の心を蝕み、コメントを打ち込む手が止まってしまったのだ。
    ノエル先輩は妻を愛していた、しかし同じように愛人ひまわりも愛していた。そしてそれと同じようにスニーカー文庫で人気の「ねー頼むから異世界転移してくれや!」に出てくるロザリアちゃんの等身大抱き枕も愛していた。抱き枕が汚れるたび、彼は妻に迅速な洗濯をお願いしていた。子供が抱き枕を触ろうものなら本気のキャメルクラッチで落としていた。
     _ 人 人 人 _
    >  離婚届 ! <
      ̄ Y   Y  Y   ̄
    なぜ急にこんなものを突き付けられたのか、ノエル先輩には全く解らなかった。黒ヤギさんよろしく読まずに食べようかとも思ったが、そこに残る愛妻の温もりを幻覚として感じた彼には、それも出来なかった。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン