これまで書いた or いま書いている作品の紹介です。
更新ついでに、ジャンル毎に分けました。
この中で一つでも目を引くものがあれば幸いです。


【長編小説(現代ドラマ)】

①『コイバナ喫茶』(未完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881833156
喫茶店のマスターと幼馴染みの女子高生。この2人が主人公です。
店を訪れるお客さんの様々なコイバナを発端に、書物とお菓子と紅茶のウンチクが溢れる物語です。物理学や論理学など学術関連の話を軸にしていますが、中学〜高校くらいの知識があれば楽しめるようにしています。
(全7話予定のうち、現在6話まで掲載。もう少しで終わります。……ほんとです。今も書いてます)

②『しょきちょー!』(完結済)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882872309
「働くヒト」コンテストの応募作品。主人公は“組合専従書記長”です。
なお、内容については作者の体験+伝聞+創造(想像)です。割合についてはご想像にお任せします。

 《2017/10/30追記》
 コンテストの最終結果が発表されました。
 https://kakuyomu.jp/contests/kadokawa_bunko_contest/result
 残念ながら賞は取れませんでしたが、角川文庫編集部の方々による講評をいただきました。応援いただき、誠にありがとうございました。

 《2017/12/30追記》
 本日、完結いたしました。
 完結に至るまで、応援いただいた方々の力は本当に大きかったです。
 本当に、ありがとうございました!

③『数学的な彼女の日常』(完結済)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885185740
スマートニュースコンテストの応募作品。
憧れの“Mさん”と付き合えることになった“俺”が、彼女の数学的思考に振り回され、引き込まれて行くお話です。
数学の楽しさや面白さが少しでも伝われば本望です。
個人的には、書いていて一番楽しかったです。

 《2018/5/22追記》
 スマートニュースコンテスト、中間選考を通過しました!
 最終発表は6月らしいので、すぐですね。緊張します……。

④『初恋ロールプレイング【はじめから ☞つづきから】』(連載中)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887304485
ファミ通文庫大賞コンテストへの応募予定作品。
記憶喪失になった幼馴染みを元に戻すため、昔のようにレトロゲームを一緒に遊ぶお話です。
ドラクエ・FF・ロマサガ・クロノトリガーなど、スクエニのRPGも作中に出てきます。


【エッセイ】

⑤『めざせ土佐弁マスター』(短編)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881904091
土佐弁の解説を二重音声でお届けします。
土佐弁に関心のある方はぜひ。
「土佐弁」でGoogle検索すると、これがWikipediaの次に出ます。ちょっと自慢。

⑥『鎌倉のどこかには』(短編)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881903110
数年前に鎌倉で体験した不思議な出来事を書きました。
人間は思ったよりも脆いです。でも、色んなものに助けられて生きていけます。

⑦『弓道小話』(中編)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882591784
弓道の用語解説や学生弓道ならではの体験談をつらつらと。元弓術部員の生のエピソードをお楽しみください。

⑧『これから「東大」の話をしよう』(中編)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884150313
東京大学。略して、東大。日本で最難関と言われる大学。
そんな「東大」にある独特の制度や習慣など、筆者が体験したことを基に書き綴りました。

⑨『寿司屋とアルバイト』(短編)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882483225
高校生の頃アルバイトをしていた回転寿司屋のお話。
思い出してみると、結構ろくでもないです。

⑩『いびきがヒドいので、のどちんこを切ることにした話』(更新中)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885804514
タイトルそのまんまの、実録でございます。
「いびき」に悩む人に読んでほしい。
もしかしたら、その「いびき」はガチで治療が必要かもしれないですよ。


【その他】

⑪『ラブレター』(恋愛)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881923410
「あなた」に向けた、愛の手紙です。
……自分で書いておきながら、ちょっと恥ずかしい。

⑫『名フレーズの法則』(創作論)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882320536
しっくりくるフレーズと、そうでないものとの違いってなんだろう。
そんなことを考えながら、風呂の中で色々と口ずさんでいたら思い付きました。

『片栗粉X』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883073949
どうしようもない大人の下ネタです。
自分の殻を破るため、はっちゃけてみました。(言い訳)


以上です。