遙夏しま
(はるか しま)

にしました。

プロフィール編集画面上で考えてたらいつのまにか保存していたらしく、おとといくらいから反映されているようです。

もともと、みなみのひげっていうブログ用のペンネームがあったのですが、なんかこう小説書きって感じじゃないんだよなぁーとずっと違和感あったので変えました。

名前の考案に際しては……。

・目につくこと
・読みやすさ
・男女差の少ない名前
・(住んでいる)沖縄の風合い
・爽やかそうな感じ
・まともな人っぽい感じ
・運勢よさそうな感じ

と、後半にいくほどなんかフワッとした要件ですが、考慮しました。

名前のわかりやすさや目につくことはもちろん、時代的に性別観からの離脱みたいなムードがあったり、少し浮いたような軽い文字当たりが好まれる傾向を感じたりするので、そういうのを取り入れつつ、あとは自分の好みで沖縄っぽいのと、運良さそうな感じで画数良い名前(←他力本願)を考案しました。

途中、妻(元ウェブマーケターで私が何かにつけ相談を投げる相手)から「島野みなみ」って名前を提案されて、これは逆さから読むと南の島になるし要件に合って良さそうだったのですが、画数悪いし、南の島だからなんやねんて思うし、自分で考えてないしって思ってしまい、決まりそうなところでやめました。

まあ「遙夏しま」も、はるか夏の島って感じで、南の島と似たようなものなんですが、遥か向こうとつくとニライカナイ的なイメージが思いだされるし、自分からの遠さっていうのが私の小説を書く動機のなかでひとつ大きな要素だったりするので良いかなと。

夏は単純に画数良いやつ添えただけなんですけど、後付けで言えば沖縄的だし、私自身、オカヤドカリとか虫とか生き物好きで彼らが活発に動きまわる夏が好きです。ビールもおいしいしね。

遙か夏、いいじゃない。

素晴らしいじゃない。

自分が素晴らしいと感じる言葉を添えられるなんて、ペンネームって最高ですね。

ちなみに名前部分はひらがなの方がいいんじゃないかと妻より指摘をうけ、じゃあ島は「しま」にしようとなり。晴れて「遙夏しま」となりました。


遙夏しま。

はるかしま。

うむ。

遙夏しま。

遙夏しま。

……


うん。

ちょっと女の子っぽい名前な気もするけど。

私、ひげはえた35才だけど。



まあいっか!!!


似合う似合わないはあとからついてくるからね!

シャレてるシャレてる。
いい小説書いてそう。



もしいかんかったらまた変えるし!!!



という感じで「遙夏しま」をよろしくお願いします。

以上、ご報告でした。