いやはや、花粉の脅威に怯える煎田です。
マジで来るなー! こっち来んなー!
(フリじゃなくて、マジ拒絶)

……あ、でも、あんたがどうしてもっていうなら……来てもらうのも、やぶさかじゃないんだからね///
(このタイミングで飛び出す、絶妙なデレ)



(関羽休題)



休題のタイミングが早すぎた……。
三周年短編ぺペン祭りが盛り上がっていますね。せっかくなので、今夜のうちに色々読みたいなぁ。

あまりにも作品が多いので、テキトーに新着順から拾い読みしたりしています。
ほんと、かなりテキトー。まあこういうのも、一期一会って感じでよかですね。行きずりの恋って感じよね~♡

私自身は、基本的にテーマに沿ったネタが浮かんだら参加……という感じです。
しかし、参加した回も、思いつくのがだいぶ遅かったため、毎度投稿が締め切りギリギリです。いやーん、どうせ書くなら、もっと速く書かなきゃ―(デレキャラ継続中)

しかし、書くの速い人は、ほんと速いですね。それでいてちゃんと面白いの書ける人も沢山いるわけだから、ちょー凄い。
ちょとラブリーなゴーストライター使える人、多すぎじゃないですかね? どんだけ特質系なんですか、皆さん。ネット社会、人材豊富すぎ。流星街よりすげえ奴等がわんさかしてそう。カクヨム、すごいよー。

私の念能力は……なんだろう、円……かなぁ。半径五センチくらいの。
我が間合いに入ったら、容赦なく股間とお尻をまさぐらせていただきますよ。覚悟してください。「薄っぺらと見せかけて濃厚な接触《ドッキリオサワリー》」ですよ。

まだまだ短編祭りは終わらない……。続きも楽しみでございます。



(張飛休題)



短編ちょこちょこ読みつつ、ちはやふるの新刊出たから、バックして読み返したりもしていて。あー忙しい。うふふ。

ちょっと前までの太一の評価がイマイチな意見も多かったけど、私は好きでしたよ、ダーティー太一。名人の強さを吸収しようとしつつも、なんだかんだ原田先生の教えに立ち返って来るのが良かったです。東西代表戦での「苦しいときの右下段」は泣きました。

ついに名人戦、クイーン戦ということで、終局も近いでしょうか。
今後も目が離せません!

5件のコメント

  • 煎田さんの短編が読めるのはフクロウコンだけ! ですね今のところ。
    私、ファンなのでウホウホと読んでおります。これからも濃厚なやつを期待しながら待っていますね。

    カクヨムの人材豊富さには脱帽です。お題が出て数分後にはもう投稿されている方がいらっしゃいますからね。どれだけキータッチが早いのでしょう!(そこ?)
    このコンテストが早いもの勝ちでなくて良かったです。スピードには勝てません。速さよりも内容ですよね。ねっとりじっとり。

    10回目のその日が来るまで、お互いに話が思い付く限り楽しみましょう!

  • 煎田さんとの絡み(エロくないよ)が、短編でも出来て幸多い成井です。

    「ちはやふる」最新巻は今朝、キオスクで仕留めてきたので、今日にでも読みまっする。

    太一の執拗さと人間臭さいいですよねぇ。本当に凄い。

    今日のお題でなんとか半分! イベントも最後までよろしくお願いしま〜す。

    ではでは〜。

  • にゃべ♪ さま

    ファンだなんて……ありがとうございます。
    照れくさくて、思わず扇風機みたいに顔面がくるくる回ってしまいますよー///

    ほんと、世の明るみに出ていないだけで、ネットの海に超人たちはいくらでも眠っているのだな、ということがよく分かりました。

    こいつは……おもしろくなってきやがったぜ!!
    (大会二回戦あたりで優勝候補に無惨に敗北するモブキャラっぽい台詞)

  • 成井 さま

    私も、ねっとりと絡めて嬉しいです///
    あらゆる方面から鋭利な弾丸短編を撃ちこんでくる成井さんの芸の多彩さにうっとりしております。残り半分、楽しみましょう。

    ちはやふる、最新刊はタメ巻っぽい感じでしたが、それが最終戦の大爆発につながることを期待しております。

    太一は、かるたをやってなくても完璧超人なのに、そこで敢えてかるたに縋りついていく様が、なんともいじらしく、青春を感じさせます。
    東西戦終了後の新太の「俺がサッカーやってもよかったんや」のくだりは、とても泣けました。ぐすん。


  •  こんばんは。
     ご作品『おれの三カ月を返せ。』、とても面白かったです!
     それから、この度は私の作品『バトルスレイブ・ダン』に星をくださりとてもありがとうございます! 心からお礼申し上げますと共に名誉といたします。
     今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン