たいした実績もないのに、「創作考」などという偉そうな文章を書き始めたのは、さらには、いきなり「才能論」などという大それたテーマを俎上に乗せてしまったのは、小説家を目指す人のためを思ってのことではない。
 自分のためである。
 つまり、第一回の、「自分の才能の有無を他者に問う者に才能はない」と断言するのは、己への戒めである、ということである。
 公開にあたってそれを述べておく。