小説を書く

予約投稿する

予約投稿する エピソードを予約投稿するには、まずエピソード編集画面の右上にある「公開」をクリックして選択ウィンドウを開いてください。次に、ウィンドウのメニューで「時間を指定して公開」にチェックを入れ、公開したい年月日と時刻を選択してください…

小説とエピソードとは

カクヨムでは、1つの投稿作品を「小説」と呼んでいます。カクヨムのアカウントをお持ちの方は、登録したメールアドレスとパスワードでカクヨムにログインして、誰でも無料で小説を投稿することができます。 カクヨムでは小説の各話を「エピソード」と呼びま…

新しい小説を書く

カクヨムにログインした状態で「小説管理」にアクセスすると、画面右上に「新しい小説を作成」というボタンが表示されます(カクヨムスマートフォン用アプリは、読者用のビューワーです。アプリで「小説管理」をタップしても、小説管理画面やエピソード編集…

エピソードを執筆する

カクヨムにログインした状態で「小説管理」にアクセスすると、自分がこれまでに投稿した小説が表示されます。その小説が「連載中」の場合は、小説タイトルの横に「次のエピソードを執筆」というボタンが表示されますので、そこから新しいエピソードを作成し…

文字数を確認する

現在のエピソード編集画面の右下に、そのエピソードの文字数が表示されます。 エピソード編集画面での文字数は、通信量の負荷を軽減するなどの理由から一定の文字数を超えると「約◯◯◯文字」と概算で表示されます。 正確な文字数はプレビュー画面の上部で確認…

編集サイドバーを使って便利に編集する

エピソード編集画面の左上のアイコン (編集サイドバーを表示ボタン) 、もしくは左下の「カクヨム記法を使う」をクリックすると、サイドバーが表示されます。サイドバーには、小説を執筆・編集する際に便利な機能が揃っていますのでご活用ください。 カクヨム…

エピソードの下書きを共有する

下書き共有機能 カクヨムでは、執筆しているエピソードの下書きを共有できる「下書き共有機能」があります。公開前の内容を第三者に確認してもらう場合などに利用できます。 ご注意 下書き共有機能は、保存済みのエピソードで利用できます。 下書き共有機能…

ルビや傍点を付ける(カクヨム記法を使う)

カクヨムでは、小説を執筆している時に、特定の文字にルビをふったり、傍点をつけたりすることができます。ルビや傍点は「カクヨム記法」という、サービス独自の方法を用いて記述します。 記法は現在以下の2種類ですが、今後増える可能性があります。 ルビ …

キャッチコピーや紹介文を書く

カクヨムでは、小説に「キャッチコピー」や「紹介文」を設定できます。 キャッチコピーは、投稿する小説を読者へ広くアピールするためにご利用ください。読者の関心を惹く、35文字までのフレーズを入力できます。 例: 物語を愛するすべての人たちへ 紹介文は…

小説を公開する

エピソード執筆画面で本文を入力していると、画面の右上に「保存」と「公開」という2つのボタンが表示されています。 「保存」をクリックすると、編集中のエピソードが下書き状態で保存されます。下書き状態とは、自分だけが閲覧できる状態のことで、一般に…

エピソードの見た目を確認する

自分が書いている小説のエピソードが公開された時に、他の人からどう見えるのか、その見た目を執筆中に確認することができます。 エピソード執筆画面の一番下に「プレビュー」というリンクがありますので、そこをクリックしてください。「編集」の方で記入し…