ロボットやドローンも、いまやすっかり社会に馴染み、家庭にも家電やおもちゃとして入っています。近年そんなロボットやドローンを新しいスポーツとして競技化する流れがあります。F1のようなモータースポーツ同様、ロボットパイロットもアニメや漫画の世界だけではなく、現実の職業になる未来がもうそこまで来ています。今回はそんなロボットとスポーツを題材にした作品を取り上げてみました。今はSFの空想のように思えるかもしれません。しかし10年後、20年後の未来では当たり前のスポーツ光景になっている。そういう未来をちょっと先取りして楽しんでみませんか。

ピックアップ

鋼鉄の足で走り出せ! 燃え上がれ炎のランニングバック!

  • ★★★ Excellent!!!

 ラフトボール。それは4~6mの鋼鉄の機体ラガーマシンに乗って行われるアメフトとラグビーを合わせたようなロボット競技。事故により右足不随となって陸上の道を絶たれた男子高校生・上原宇佐美は、気まぐれで訪れた展覧会でラガーマシンに試乗したことで走る喜びを思い出し、仲間と共にラフトボーラーを目指す!

 右足にハンデを抱えながらも悲観せず、常に前向きな主人公の宇佐美と、友人たちの友情と奮闘が明るく爽やかに描かれています。

 ラガーマシンは一般的な人間型だけなく選手ごとに多種多様。犬やバイクに変形するものもあれば、長い腕をカタパルトのようにしてボールを打ち出す変わり種もいる。それぞれの機体の特色を生かした作戦や駆け引きが面白い。

 ラガーマシンに乗れば男子も女子も、健常者も障がい者もない。宇佐美をとりまく友人たちにもそれぞれに抱える悩みや事情があり、ラフトボールを通じてチームメイトとして絆を育んでいく姿が、これぞスポ根!で素晴らしいです。

 鋼鉄の塊がフィールド上を疾走し、跳躍し、激突する! 迫力満点のラフトボールの世界を是非ご覧ください。


(「ロボット×スポーツ」4選/文=愛咲 優詩)

蘇る覇王の伝説! 世界を護る小さな戦いが幕を開ける!

  • ★★★ Excellent!!!

 火水地風雷無の6つの属性パーツを組み上げ、自分だけの機体を操作して戦うプラモデルサイズのロボット対戦ゲーム『エレメント・アーマーズ・ウォー(EAW)』。ある日、第一回世界大会の優勝者「始まりの覇王」が7年ぶりに復帰するという噂が流れる。名のある強豪たちは覇王に挑むべく日本に集結する!

 悪質プレイヤーと諍いになり、レアパーツを賭けたバトルで窮地に陥った女子高生・紅葉院アキを助けに現れたのは、EAWプレイヤーなら誰しもが憧れるヒーロー「始まりの覇王」こと季城春夜だった。

 属性の相性で優劣が決まるEAWにおいて、機体性能や武装パーツは重要なファクター。ときには勝つために違法な改造を施した機体を使う者もいる。復帰間もない春夜は旧式の機体にもかかわらず卓越したプレイヤースキルで最新鋭の機体を次々と討ち倒していく、痛快なバトルが持ち味だ。

 EAWに使われているナノマシン技術が社会のさまざまな産業や生活に浸透した世界では、EAWは決して遊びではない。春夜を巡って、技術の悪用を企む犯罪組織の影が見え隠れし始める。闇のプレイヤーたちの違法機体を相手に春夜とアキはいかに立ち向かうのか。

 ゲームから世界を救う二人の今後の活躍に期待。


(「ロボット×スポーツ」4選/文=愛咲 優詩)

勝負の鍵は乙女の友情! 女の子たちの熱きロボットバトル

  • ★★★ Excellent!!!

 『バトル・ドール・ガールズ』、通称BDG。全長15cmの女性型ドールをカスタマイズしてバトルする次世代eスポーツ。楽しい学園生活を夢見て桜が丘第一高等学校に入学した神代吹雪は、BDGの部室で誰も起動させられず眠っていた謎のドール・叢雲をなんの偶然か起動させてしまう。それが学校を廃校から救う吹雪の挑戦の始まりだった。

 まっすぐで明るい努力家の吹雪、クールで優等生な美空、おっとりと後輩を見守る先輩の真理、三人のヒロインそれぞれキャラが立っていて可愛らしく、友情が美しいです。

 BDGがただのロボット競技と違うのは、ドール自身が高性能AIによる自我を持っていること。マスターは対戦中ドールへの指示しかできない。つまりマスターとドールの意思疎通や信頼関係が勝敗を分ける鍵になる。

 ただ叢雲はとんでもないツンデレだった! プライドが高く、口を開けば罵倒が返ってくる。そんな叢雲に手を焼きながらも廃校の危機に陥った母校を救うため吹雪は叢雲と正面から向き合い、やがて二人はパートナーになっていく。

 少女とドールのパートナーの絆を、どうかみなさん見てみてください。


(「ロボット×スポーツ」4選/文=愛咲 優詩)

己を槍となし駆け抜けろ! 名もなき少年の騎士道物語

  • ★★★ Excellent!!!

 中世の騎士の馬上槍試合を巨大ロボットで再現した競技ジョスト・エクス・マキナ。記憶喪失で倒れていたところを領主ギルバートと、その娘ベルキスカに救われた少年ケビンは、ある日、ベルキスカがキルベガン子爵ヘムロックから強引に求婚される場面に遭遇する。陰謀の匂いを嗅ぎつけた父ギルバートは、ジョスト・エクス・マキナで決着をつけることに。

 だがヘムロックの卑劣な妨害により、機体は大破、ギルバートは重症を負ってしまう。誇り高き騎士の決闘を汚し、恩人を傷つけられたことに憤るケビンは、領民たちの協力を得て新しい機体を組み上げ、自身が搭乗者となってヘムロックの打倒に挑む!

 ルールはシンプル、一対一で両者がコロシアムを駆け抜け、正面からぶつかり合い、槍で有効打を与えることでポイントが入る。しかし単純ながらも奥深い。お互いが全速力で正面衝突するほんの一瞬の攻防で勝負が決まってしまう。瞬時の判断力と操作技術を問われる競技だ。

 何よりも絶対に怯んではいけない。自分へ向かって迫ってくる鋼鉄の巨人を前に己を奮い立たせ、さらに前へ一歩を踏み出し相手を迎え討つ人並み外れた勇気が必要だ。

 騎士というにはあまりに未熟な少年が、正義という一本の槍を携え、悪を打ち倒す。心が揺さぶられる英雄譚です。


(「ロボット×スポーツ」4選/文=愛咲 優詩)