「カクヨム甲子園2020”推し活”」推進キャンペーンでは、8/17~8/23の期間カクヨム甲子園2020の応募作より皆さまの「推し作品」を募集しました。
 今回の特集は、そんなキャンペーン期間中にカクヨム読者の皆さまが選んだ「推し作品」の秀逸なレビューをご紹介します!

 カクヨム甲子園に読者選考はありませんが、作者にとって「作品を読んで応援してもらえる」というのは何とも嬉しい経験となるはず!

 カクヨム甲子園の開催は9/13(日)まで。もし気になる作品があったら、読んで「応援」もよろしくお願いします!

ピックアップ

純粋に、とっても面白かったです

  • ★★★ Excellent!!!

 最近読んだカクヨム作品のなかで一番、面白かったです。既に次回作が読みたくてワクワクしている自分がいます。

 まず、とても読みやすかったです。余計なものが削ぎ落とされている素敵な文章だと思いました。シンプルでありながら、軽快に進んでいくストーリーも魅力的です。
 最初はこの作品に対して深く感情移入していなかったのですが、気付けば主人公のAくんと同じように「死んでほしくない!」と願いながら読んでいる自分がいました。

 「死」や「自殺」という言葉から、暗い話を勝手に連想していましたがそんなことはなかったので『暗いお話はちょっと苦手だなぁ』という方でも読めるのではないかと思います。
 しかし、ずっと明るい話という訳でもなく、気持ちの緩急がしっかりしているのも飽きずに最後まで読める理由だと思いました。

 詳しいことはネタバレになってしまうので書けませんが、とても面白い作品なので是非たくさんの方に読んでみてほしいと思います。

作者様がチーズケーキを愛する気持ちに溢れています

  • ★★★ Excellent!!!

美味しいよね、チーズケーキ。

レアもベイクドも作ったことがありますが、ケーキの中では工程がシンプルでさほど難しくない上に、本当に美味しい。コストパフォーマンスが良くて優秀なお菓子だと思います。

作者様が支持する純粋派も、アレンジ派の意見もその気持ちも、とてもよく分かります。

個人的には、ベイクドチーズケーキにお手製のイチゴジャムをかけて食べるのがおすすめです。これなら純粋派、アレンジ派ともに満足し、それぞれの意見に納得してくれるでしょう。

ヘーゲルの弁証法でいうところのジンテーゼみたいな話になりましたが、結論はひとつ。

チーズケーキは魅力的な存在であり、同時にこの作品は作者様がチーズケーキを愛する気持ちに溢れています。久しぶりにまた作りたいな。

残酷な青春は夜明けに打ち下がる

  • ★★★ Excellent!!!

真夜中に同い年の女の子、春と出会った智也。2人のひと夏の深夜徘徊の話。
深夜っていいですよね。非日常的で。

縮んでいく2人の距離に比例して、春の心の奥にある闇の部分が見えてきます。
ここまではよくあるようなエモエモの青春ものなのですが──。

とにかくラストがすごかった。作品の全部がこのシーンのためにあったと思わされるくらいに、インパクトが強かったです。
鮮やかで残酷で切なくて、どうしようもなく綺麗でした。

文に溺れて

  • ★★★ Excellent!!!

小説というのは作者の頭で考えているものを、読者の頭にも想像させることができるから、ほぼテレパシーといっても過言ではありません。そして読者は小説を読んで不幸になったり、将又幸せな気分を味わったりできるものです。
さて本題に入りますが、この小説は読むと「溺れる」ことができます。しかし何に溺れるのかと聞かれても答えられません。主人公の女性が入っている風呂に溺れ、小学校のプールに溺れ、昔の自分に溺れ、人間関係に溺れ、初恋に溺れ……と要するに様々なものに溺れていく感覚が味わえるのです。
そしてなにより私は作者の文章に溺れました。この小説を開いたが最後。あとは津波のように作者の言葉がやってきて、一瞬で足下を掬われてしまう。出てくる言い回し、ワードセンスも全てが面白くて、読んでいて次の一文を期待してしまう自分がいました。所々にある比喩表現も、中島敦さんの『山月記』に出てきた有名な一文も、妙にこの小説に噛み合っていて、深い物語になっていたように感じます。
素敵な小説に溺れることができて幸せでした。ありがとうございました。

謎の言葉によって描かれる人間と人生

  • ★★★ Excellent!!!

造語がものすごく効果的に使われている小説です!
タイトルであり、作中でしきりに出てくる『ノニーロトーニコ』という造語。
3500文字という短い小説ながらも、この謎の言葉が物語を濃密にしています。

物語では、人が消えてしまう怪現象が起こります。
そのことをあたかも「消える」よりも『ノニーロトーニコ』の方が厳密には正しい表現であるかのように語るところが非常に面白いです。
意味のわからない造語で表現されることによって「どうやらただ単に消えてしまうのではないらしいぞ……」という予感を抱きます。
じゃあどのような現象なのだろうか?と考えながら読み進めていくと、この小説の文章はその姿勢に応えてくれるんですね。

人間が消えるなんて、現実にはまず起こらない現象です。
そんな非現実的な現象の中に、人間や人生について現実味ある描写を見出せます。
面白い造語によって想像を促されて、深く楽しめる作品なのです。

あなたはこの世界の神様

  • ★★★ Excellent!!!

とても面白い作品でした!

自傷行為を「生きる明日を得るためのもがき」と読み取れました。確かに、自傷行為は傍から見れば死にに行くような行為ですが、なぜそんなことをするのかと考えてみると、色々な精神的な過程を含めて「生きようと思う明日を作る」ためだからだとこの作品から解釈出来ました。この解釈を知れることは、この作品の面白い要素だと思います!

また、もうひとつこの作品から知ることができた事として、「生きろと言われた通りに生きなくても良い」ことがあります。
どんな生き方をしても構わない。

─だって「あなたはこの世界の神様になれる」から─

あと地球が丸い理由と最後の(先生が私を選んだ理由)のオチがすごく面白かったです!

長文失礼しました。

曽祖父の日記で語られる「あること」への、想いとは……。

  • ★★★ Excellent!!!

語られるのは、曽祖父の日記。
8月15日と聞いて、何人の人が「終戦の日」と言えるでしょうか。
第二次世界大戦の終結、歴史をなぞることくらいしかできない私たちはこの時代に生まれて本当によかったと、心の底から思えます。
戦争の残酷で悲惨な光景、今では聞くことすらない飢餓、希望を絶望に変え、歴史を語るうえでは欠かせないものです。

知っているようで、知らない。
例え知ることはできても、経験することはあってはならない。
そんな心響く日記に、考えさせられました。
もう一度、人間の戦争から終戦までについての歴史を一から学びたいと感じました。

「彼女の物語」に魅入られた小説家の苦悩

  • ★★ Very Good!!

人の死と小説の死を関連づけるというかなり手強いテーマに挑戦した作品です。
作者の手から離れた作品はもはや作者だけのモノではありません。涙なくしては読めないような純愛モノを書いたつもりでも、笑いすぎて涙が出るラブコメとして読まれてしまうことだってあるでしょう。読者によって小説は変容していくのです。

しかしこのような変容が起きるのは読者だけではありません。作者にも起こり得ます。写真は対象物をありのままに描写していると考えがちですが、同じ被写体でも照明や構図によって美しくも不気味にも写せます。そこには作者の意図が反映されるからです。

この特徴は小説になればさらに顕著になるでしょう。対象物を文章として表現する前に、どうしても作者のフィルターを通過させなくてはなりません。その行為は文章に個性を与えるのですが、同時に対象物の正確性を損なう原因にもなります。文章に描かれているのはあくまでも作者の感じた、作者の考えた対象物なのです。

この作品の主人公である小説家が選択した対象物は交際していた彼女、しかもすでにこの世には存在していない、彼の記憶の中にしか存在しない彼女です。主人公は彼女の物語を書き綴ります。そしてそれは完成します。これで彼女はこの作品の中に永久に生き続けられる……本来なら喜ぶべきことなのですが主人公の苦悩はますます深まっていきます。
彼の悶え苦しむ姿は趣味で小説を書いているような私にさえも現実味を帯びた迫力を感じさせるほどです。
ラストはほろ苦いものですが彼にとってはこの選択しかなかったのでしょうね。
小説に限らず何らかの創作活動をしている方々には心に響く作品だと思います。