渡し守

作者 水円 岳

「渡し守」は今日も誰かを。

  • ★★★ Excellent!!!

 序盤はSFと言うよりも、時代劇の雰囲気があります。そして独特の雰囲気に背中を押されるように読み進めていくと、徐々にSF調に変わっていくと言う不思議な作品でした。終盤は序盤が時代劇風だったことを忘れさせてくれるくらいしっかりとしたSFでした。作者様はSFが苦手だとおっしゃりますが、小生はこの作品が好きでした。
 少女と「渡し守」の心の交流が温かく、残酷なこともありながらも救われる物語。SFが苦手な方にも是非読んでみてほしい一作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 504