渡し守

作者 水円 岳

14

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 序盤はSFと言うよりも、時代劇の雰囲気があります。そして独特の雰囲気に背中を押されるように読み進めていくと、徐々にSF調に変わっていくと言う不思議な作品でした。終盤は序盤が時代劇風だったことを忘れさせてくれるくらいしっかりとしたSFでした。作者様はSFが苦手だとおっしゃりますが、小生はこの作品が好きでした。
 少女と「渡し守」の心の交流が温かく、残酷なこともありながらも救われる物語。SFが苦手な方にも是非読んでみてほしい一作です。

★★ Very Good!!

――

序盤から中盤にかけての、不自然ながら叙情的な風景は、一読で三途の川の話をしているのだろうと思いつきます。
だが、それにしてはちょっと違和感がある。しかもこの違和感、なんだろう、このわざとらしい穴の正体は。
その違和感の理由があかされた時、前半に仕掛けられた様々なファクターがまるでパズルのようにカチカチとハマっていく。
フラットな展開の中盤からは予想できない、まるで逆落としのような「答え合わせ」にミステリーのような読後感を味わいました。

★★ Very Good!!

――

まず、読んでイメージをしたのは、三途の川。

それがどんな展開になっていくのかは、読んでみて欲しい。

そんな繋げ方があるのか、という驚きと、温かな文章に、悲しくも優しい感覚。

とても良い作品だった。