終章

光の彼方へ

何だろう。

心地いい。


自分が一体、何者なのか。

そんな事はどうでもいい。


ただただ心地いい。


此処が一体、何処なのか。

そんな事もどうでもいい。


なんて心地いいんだろう。


此処には有らゆる柵が無い。

これが本当の自由というものなのだろうか。


あれ?

自由って、なんだっけ?


まあ、いいか。

この温もりは、なんなのだろう。


あれ?

温もりって、なんだっけ?


まあ、いいか。

自分がどんどん此処に溶け込んでいく様だ。


あれ?

自分って、なんだっけ?


もう、何もかもが、どうでもいい。


その、どうでもいい何かに光が射す。


光に包まれた、その、どうでもいい何かは光に引っ張られる様に光の元へと向かって行く。


遥か彼方にある、あの光へと。


そして感じる。

どうでもいい何かが感じる。


嫌だ。

此処がいい。


先程まで、どうでもよかった何かに感情が芽生える。


嫌だ。

まだ行きたくない。


いや、ずっと此処に居たい。


だって感じるんだ。

判ってしまったんだ。


あの光の先に何が待ち構えているのか。


全てを理解した何かが光の彼方を突き抜ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

風を掬う者 菊千代 @gushax2

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

文章を書く事が大好きで、小説やら詩やら、 何でも食い散らかしてしまいます(笑) そんな、どうしようもない愚か者の私が作り出す、 玉石混淆ならぬ、石砂混淆の世界を、 ご堪能頂ければ幸いに思います。 …もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!