孤独な星が瞬く時

作者 菊千代

フォロー 1話目から読む

独自の世界観で紡ぎ出される詩 菊千代

自作の詩集。

「旅人」より前の作品は2004~2006年に書いたもの。
(その内「世界で一番遠くにいる隣人へ」だけ、それ以前)
記録をとってなかったので順不同。
(当時、自作HPで掲載をしていたもの)

「夜雨」以降が2015年からの執筆順。

こちらでバックアップをとっています。
http://blog.livedoor.jp/gushax2/

目次

連載中 全68話

更新

  1. 過去の活動での作品
  2. 星を掴む者
  3. 世界で一番遠くにいる隣人へ
  4. ああぁぁ
  5. ゴミ
  6. なんで?
  7. 回り道
  8. 欠片
  9. 小さな祈り
  10. 足跡
  11. 勇気
  12. 旅人
  13. 現在の活動での作品
  14. 2015年
  15. 夜雨
  16. 秋の夜長
  17. 天高く、私も肥ゆる秋
  18. 正義
  19. スーパームーン
  20. 早朝
  21. 葛藤
  22. 螺旋
  23. 子供
  24. 綱渡り
  25. 追憶
  26. 分かたれる袂
  27. 嘘つき
  28. 色々
  29. 世界の底から世界を見上げて
  30. 常識
  31. 乖離
  32. 憎悪
  33. 水と油
  34. 恐怖
  35. 明日
  36. 登り坂
  37. 落書き
  38. 表現
  39. 飢え
  40. クリスマスプレゼント
  41. 2016年
  42. 新年
  43. 変化
  44. 釣り
  45. 自由の正体
  46. ズレ
  47. 君と僕の傷
  48. 誇り
  49. ズル
  50. エイプリルフール
  51. 雑音
  52. 機械
  53. 答え
  54. 違い
  55. 挑戦
  56. 温度
  57. 七夕
  58. 再会
  59. 刺激
  60. 迷子
  61. コントラスト
  62. 無敵
  63. 欲求
  64. 変人
  65. 2017年
  66. 『何か』
  67. 白黒
  68. 想い
  69. 種を蒔く者
  70. ベクトル

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

孤独な星が瞬く時

@gushax2
執筆状況
連載中
エピソード
68話
種類
オリジナル小説
ジャンル
詩・童話・その他
タグ
ポエム 言葉 孤独 矛盾 疑問 想い
総文字数
26,872文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
3人
応援コメント
0件
小説フォロー数
4

アクセス数