欠片

僕には何かが欠けている。

何が欠けているのかはわからない。


それとも単なる思い過ごしなのだろうか。

いや、そんな事はない。

確かに何か、が欠けている。

それだけは感じるんだ。


僕は今まで、

沢山のものを失ってきた。

しかし、最初からないものがあるんだ。


その僕に欠けているもの。

それを僕が求めているのか。

それすらもわからない。


わからないままに、

次から次へと失っていく。

そして、これからも、

失っていくのかもしれない。


もし、僕がその欠片を、

手に入れる事が出来るのなら、

これ以上、失わずに済むのだろうか。

ふと、そんな事を思ってしまう。


僕には何かが欠けている。

何が欠けているのかはわからない。


でも、

欠けているからこそ、

僕なのかもしれない。


The Peaces...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!