小さな祈り

何時まで、

血を流さなければならないのだろうか。

何時まで、

涙を流さなければならないのだろうか。


憎しみからは憎しみしか生み出さず、

ただただ哀しみが募るだけ。


この世界には哀しみが溢れている。

その哀しみを一つづつ、

そっと撫でてあげましょう。


何時まで、

血を流さなければならないのだろうか。

何時まで、

涙を流さなければならないのだろうか。


哀しみが哀しみを呼び、

人は皆、絶望するしかないのだろうか。


この世界は絶望へと向かっている。

そんな中で小さな希望を、

少しづつ育てていきましょう。


いつの日か、

余計な血を流さずに済むように。

いつの日か、

余計な涙を流さずに済むように。


たとえ誰であろうと、

残り僅かかもしれない、

明日への道筋を、

塞ぐような事にならないように。


そしていつか、

この世界が笑顔で溢れるように。

今はただお祈り致します。

僕の祈りなんて、

スプーン一杯程かもしれないけどね。


Prayin' Spoonful...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!