ゴミ

何も出来ないでいる、

この僕は、

この世界のゴミなのだろうか。

資源ゴミにもなりゃしない。


一体、何時まで、

こんな状態なのだろう。

一体、何時になったら、

抜け出せるのだろう。


それとも、

何時までもゴミとして、

此処にいなければならないのだろうか。


いや、それは嫌だ。

どうせなら、

流れ星のように、

綺麗に散りたいな。


例え僕がゴミであったとしても、

不燃ゴミではなく、

可燃ゴミとして、

綺麗に燃え尽きたい。


そして、

全てを燃やす為に、

今、僕は、

此処にいるんだ。


最後の願いを、

あの星屑へ。


Stardust...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!