ああぁぁ

ああぁぁ、

なんてこったい。


孤独という檻の中で、

たった一人取り残され、

自分という何かを、

見失ってしまった。


こんな僕に一体、

何が出来るのであろうか。


僕はなんて愚かなんだろうか。

僕はなんてちっぽけなんだろうか。


ああぁぁ、

なんてこったい。


自由という鎖に縛られて、

たった一人身動き出来ずに、

理想という幻に、

視線を奪われている。


こんな僕に一体、

何が出来るのであろうか。


僕はなんて愚かなんだろうか。

僕はなんてちっぽけなんだろうか。


でも、

いいじゃないか。


愚かであろうとも、 

ちっぽけであろうとも。

今此処に存在している。

それだけが結果なのさ。


愚かな者が愚かだとは限らない。

最小は最大にもなり得る。


それが真理というものさ。

それが宇宙というものさ。


ああぁぁ、

そういう事なのか。


地球という星の上で、

たとえ一人でも精一杯、

今という瞬間を、

積み重ねていけば、

こんな僕でもそのうち、

何かが出来るのかもしれない。


今はまだ、

出来なくてもいいじゃないか。

今だけが、

自分じゃないのだから。


The Lonely Planet...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!