もしも生まれ変われるのなら……

 主人公は母親と買い物の帰りに、不慮の事故に遭い、事故で亡くなるはずだった胎児の代わりに人生が終わってしまいます。実は死ぬ運命は、魂の回収に来た新米の死神のミスによって引き起こされた悲劇でした。

 再び母親に会いたいと懇願する主人公。その思いが天界の神官に伝わり、人間界への転生のチャンスを得ますが……。

 人間界から昆虫界へ転生し試練を行い、再び人間界に転生して母と再会しますが、母は出産後に急変し亡くなってしまいます。

 ――人は亡くなったあとに、天界に逝き、再び地上界に生まれ変わることができるのか。

 もしも生まれ変われるのなら……。
 再び、愛する家族に逢いたい。

 悲しみの連鎖は、やがて奇跡を起こし、離ればなれになった母娘を結びつけてくれます。

 誰しも、自分の家族や親族や友人や知人の死に、一度は直面したことがあるのではないでしょうか。
 本作はそんな悲しみを背負って生きる人達に、『きっといつかまた愛しい人に逢えるよ』と、言ってくれているような気がしました。

 もしかしたら、愛しい人は姿を変えてすぐ傍にいるのかもしれませんね。

 心に沁みる作品です。

その他のおすすめレビュー

ayaneさんの他のおすすめレビュー905