常夢の世に変怪が舞う

作者 武石雄由改め武石勝義

常夢の世は誰がためか。神獣の舞う、めくるめく幻想の挿話たち

  • ★★★ Excellent!!!

精緻な筆致で紡がれる、中華風の幻想絵巻です。
『神獣の見る夢』が形作る世界に生きる、その世の主役ではない人たちの在り様をオムニバス的に綴った本作。
さまざまな視点から見た『龍』の存在感が、『この世界』の形を徐々に表していきます。

まるで古典作品のような印象を受けますが、すっと頭に染み入ってくるように読みやすい物語です。
俗世の人々が『龍』に抱く畏れや憧れ、そこから成る信仰、実利的な物欲……どれも現代を生きる我々に通じるものがあり、説得力があります。
作者さまの物語に共通する魅力ですが、複数の人物が論議をするシーンが非常に面白いです。どれもすとんと腑に落ち、すっと胸が空く話の運びがお見事。

数多の登場人物たちの中でもひときわ存在感のあるのが、多嘉螺と如朦の二人。彼らがこの世界でどんな役割を果たしているのか——ぜひあなたの目でご確認ください。私からは、圧巻のラストでしたとだけ申しておきます。凄かった。
非常に読み応えのある作品でした。とても面白かったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 最初に1話目を開いたとき、『読ませる気があるのか?』と思いました。
 Web小説にあるまじき改行の少なさ。極めて高い漢字率とルビ率(私も人のことは言えませんが)。
 けれど、最初の一段落目を我慢し… 続きを読む

陽澄すずめさんの他のおすすめレビュー 1,283