灰枯と百花のゾルマ

作者 泡野瑤子

これは善きファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

すべての植物が枯れる「灰枯」とすべての植物が咲き乱れる「百花」の二つの季節しかない国の物語です。

ファンタジーが好きな人ならば、惹かれる世界観ではないでしょうか? 読みましょう。

ちょっと小難しい内容かなと思われる人もいると思います。けれど、物語の中心はそこで生きる人々の温かく、時にスリルのある人間ドラマでした。読みましょう。

魅力的な登場人物が多いですが、わたしはマンドラゴラのジークがお気に入りです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白川ちさとさんの他のおすすめレビュー 359