追放勇者だらけのダンジョン攻略法 ~悪いのは俺じゃない! ついて来ないお前らが悪いんだ!~

作者 Яose

同じ作者として、嫉妬を覚える一作!

  • ★★★ Excellent!!!

良い点
文章力が基本的に高い。
追放物かと思いきや、むしろ残飯もの!脱帽の着眼点
犠牲覚悟の策謀家×犠牲というリスクを踏み倒す死霊術との化学反応によって強くなる。残り物になった理由の説得力と、強くなる説得力を同時に発揮しているのが見事という他ない。
鬼謀の軍略が本当に見事。説得力が本当に高い。作者は軍師なのでは?
戦いの中でお互いがお互いを知り、友情を作り上げていくのは率直に言って胸熱! 男の子のロマンが詰まっている!

悪い点
もうちょっとだけ風景描写が欲しいなと思った。
章ごとにお話が独立してしまっている感がある。章同士をつなぐ伏線が欲しい

総評
ものすごく面白い。なぜこれがこの程度の評価にとどまっているのかが謎である。
良い点は悪い点を踏み倒して余りあるほど良い。同じ作者としての目線で嫉妬を覚える。
本当に残念なのは章同士のつながりである。本埜の好みではこれがシームレスであるのが好み。だが、あくまで好みの話である。
軍略に非常に強い説得力があり鬼謀には強く惹かれる。本当にこれには脱帽である。
友情の描写がとてつもなく上手い。
マイナス面があるにも関わらず、最高評価を迷わず押したい一作である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

本埜 詩織さんの他のおすすめレビュー 51