世界最強の魔導師にして歴代最年少の少年王は聖女を溺愛してる

作者 ケントゥリオン

131

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

女性が年上というシチュエーションが大好物の私が、まんまと虜になった一作!!
まず、主人公のタルキウス、強い!!
彼一人で一部隊を殲滅させられるほどの魔力があり、分析力なども群を抜いている。
戦うときは本当にかっこよくてシビれます。大人と対峙しているときなどは、まさに王者の風格。
しかーし、彼が選んだ聖女・リウィアの前だとデレデレの少年になってしまうのです。ああ、このギャップがたまらない!!!!!!!!!!!!!!
年上の女性と強気な少年が読みたい皆様、ここです、ここですよー!!

あまり明るくなくて申し訳ないんですが、ローマがベースのファンタジーで、他とちょっと違い、とても斬新でした。
用語、政治の仕組みなどもとてもよく調べてあって、特に三章からはまるで大河ドラマを見ているようなスケール感。
とても勉強になりました。頭が下がります。

三章ではまた、タルキウスの魔力が封じられ奴隷になるという衝撃的な展開。
背後に蔓延る元老院や反乱分子の様子、出会った姉妹との交流などなど、手に汗握る展開が続きました。
現在52話まで拝読させていただきましたが、まさかリウィアが!!
このあとどうなるのでしょうか。
少年×お姉さん好きの私は、もうドキドキハラハラが止まりません!!

素晴らしい作品を拝読させていただき本当にありがとうございます。
いやー、読んでよかったです。
長々と書かせていただき失礼いたしました。

★★★ Excellent!!!

岩明均さんのヒストリエを思わせる古代ヨーロッパの世界観で魔法ありのファンタジーです。
父親が敷いてきた圧政を主人公が変革していっています。

主人公はヒロインを溺愛していて、自分がショタであることをいいことに事あるごとに彼女に抱き着きます。なんとうらやま…ゲフンゲフン…けしからんことか。
主人公無双ものでとにかく強くて、爽快感がかなりあります。

★★★ Excellent!!!

この作品の魅力は何と言ってもキャラクター。主人公タルキウスは威厳のある王と勇敢な戦士の面を持ちつつ、年相応な少年というギャップが非常に良いです。そして、読者の心を掴むストーリー展開、テンポよく読める文章、作者さんの勉強と研究が伺える古代ローマ風描写が素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

山椒は小粒でもぴりりと辛いとはいったもので、まだ小さい王を侮るなかれ。
とても強い雄姿は読んでいてワクワクさせられます。
次々と放たれる技名の詠唱にテンションマックス。溺愛する聖女とのイチャぶりに虜になります。
主人公最強ストーリーのようで、実は苦悩を抱え、試練を乗り越えていく様は読みごたえもあり、応援したくなる物語です。
ともにおねショタ国王の成長と行く末を見届けましょう!

★★ Very Good!!

幼くして歴史ある大国を支配する『黄金王』ことタルキウス。王の器と最強魔導師としての力を兼ね備え、老獪な貴族達を相手にしても一歩も引かない。しかし聖女『リウィア』の前では年相応の無邪気さや弱音を見せ、その二面性が実に魅力的でキャラの立った主人公だと思いました。

古代ローマや帝政ローマ期をモチーフにしたであろう世界で、作中に登場する様々な文化や政治体制などから、シッカリと設定を練った上で構想されたのだなと感じました。
加えて魔術を使ったスピード感あるバトル、宝具や神器を用いた戦闘はド派手で迫力があり、時代考証だけでなく戦闘に関する描写や文章も実に巧みだと思います。
それでいて、元老院や神殿と王政側との微妙な関係も描かれ、チート能力を持った少年王が敵をブッ飛ばすだけの単調な無双モノじゃなかったのも良かったです。歴史モノとしても楽しめる、重厚な内容でした。
とはいえ『重い作品』というわけではなく、リウィアとのやり取りは微笑ましく健全で、おねショタ要素のおかげで「分厚い文献を読ませられている」という印象もなかったです。重さと軽さ、硬軟が絶妙なバランスで組み立てられている作品だと思います。

ただ、架空の歴史モノとするのであれば、実在の国名や地名を用いるのは無用な混乱を招くとも感じました。モチーフにするのは良いですが、『ローマ』や『ガリア』や『カルタゴ』といった実際の国名や固有名詞を出すのではなく、オリジナルのネーミングを用意するべきだと思います。
そして、より多くの読者をもし獲得したいのであれば、『歴史モノ』というジャンル自体が人を選ぶので、リウィアとのおねショタ要素をもっと前面に押し出し、休息シーンも多めにすると、大衆ウケしたのかなと思います。

とはいえ、三章では『王様が最下層まで落ちぶれる』という、ある意味で王道な展開となり今後のストーリーにも注目です。
題材の時点でオリジ… 続きを読む