《奇生種屋》

作者 橘紫綺

笑顔を絶やさぬ盲目の少女と苦労性の従者。二人が求めるもの奇跡の掛け軸

  • ★★★ Excellent!!!

ある村で突然流行り出した奇病。
手足に痣ができ、痣ができた者は激痛とともに手足が腐り落ちるという。
だが、その奇病は、病を治してくれる《奇跡の掛け軸》でおさまった……はずだった。

《奇跡の掛け軸》を求めて村へやってきたのは、刀を佩いた盲目の少女・依代と、彼女の従者である祥之助。
だが、掛け軸の持主である誠二郎は、すでに掛け軸はないと言い――。

依代様と祥之助さんのやりとりがとても軽妙で大好きです!(≧▽≦)
笑顔でぐいぐい押していく依代様の言動は小気味よくもあり、そんなに言っちゃって大丈夫!? と心配にもなり……。
祥之助さんの苦労がしのばれます(苦笑)

《奇跡の掛け軸》とは、何なのか? なぜ奇病が村を襲ったのか。
依代様と一緒に謎を追ううちに、きっと物語の魅力から抜け出せなくなると思います!(≧▽≦)
興味のある方はぜひ覗いてみてくださいませ~!(*´▽`*)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙@『身代わり侍女~』9/1発売さんの他のおすすめレビュー 737