暮れ六つの絞殺~あなたにこのトリックが見破れますか?~

作者 久坂裕介

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第11話へのコメント

    この仕掛けは初めて見ました。面白かったです。
    私があれっと思ったのは、数え年が普通の江戸時代なのに、誕生日を祝っている場面でした。ちょうどそのページにあった「着物の袖から鈍い音」で凶器を連想し、死体の焦げ跡で犯人と殺害方法は想像がつきましたが、他にも謎が多くて最後まで楽しめました。
    役としての視点と俳優としての視点、江戸時代の言葉遣いと現代の言葉遣いなど、隔たりのある世界観が織り交ぜられていて、違和感を灯しつつ伏線を散りばめているのが巧みだと思いました。

    作者からの返信

     ありがとうございます。あと、楽しんでいただけたようで嬉しいです。
     『数え年が普通の江戸時代』というのは、知りませんでした。勉強になりました。それについては、取りあえず誕生日だから祝おう、ということで深く考えませんでした。
     凶器を連想し、犯人と殺害方法は想像できましたか。嬉しいです。『犯人が分かった』という人、『犯人が分からなかった』という人、どちらも、ありがたいです。小説を楽しんでもらえたと、思っているので。
     あと、伏線は沢山あったほうが良いかなと思い、これでもかと、張りました。

    2021年10月23日 10:32

  • 第4話へのコメント

    誕生日だと! おめでとうございます!!(*´▽`*)☆
    いい誕生日になってよかったなぁ(*´ω`*)
    思い出したくても思い出せない、何というもどかしい状態。。(>_<)
    …からのシんでいるですとΣ(・ω・ノ)ノ!?
    急に事件が来た!!

    作者からの返信

     はい。急で申し訳ないんですが、事件が起きました。
     出来れば、右近が誰なのか? どうやって殺されたのか? を推理していただきたいです。

    2021年10月17日 15:17

  • 第11話へのコメント

    正臣は琢郎の背中に抱きついて・・・二人の関係について新たな謎がココにも!!

    てか、かなり面白かったです!!コレ映像化したらウケそうですよね♪
    新しいミステリー時代劇みたいな感じで面白いと思います♪

    ちなみに、私の推理については背景と展開については予想通りでした。
    ただ、犯人と殺害方法に関しては大ハズレ www

    私の予想では犯人は主犯と外部の協力者の二人組かと深読みし過ぎましたw

    殺害方法は右近さんのお酒に薬を使用したモノで首の後は偽装のために付けたと思ってました。

    動機に関してはスキャンダルな関係を右近に見られソレをネタに影で揺すられていたとスレば共謀が成り立つのでそう思ってましたが全然違った・・・orz

    いい線まで行ったと思いましたがツメが甘かったです。
    お見事でした♪ Σd(・∀・´)

    次回作も楽しみにしてます!!

    作者からの返信

     2人の関係について新たな謎がココにも!! と、ありますが謎はないです。ただの親友同士です。いわゆる、BLとかではありません。
     
     映像化したらウケそうですよね と、ありますが、そこまで評価していただき、ありがとうございます。今のところ、映像化の話はありませんが。(笑)

     背景と展開については予想通り とありますが、すごいです。やはり、うーぴんさんは、ただ者ではないと思います。
     
     犯人は2人組 とありますが、なるほどと思いました。面白いアイディアだと思いました。

     殺害方法についてですが これも面白いアイディアだと思います。参考にさせていただきます。

     次回作はラブコメなので、興味があったら、読んでいただきたいと思います。

     追記 レビューの評価とコメント、ありがとうございました。

    2021年10月16日 09:44 編集済

  • 第9話へのコメント

    撮影が終わったら告白し、『付き合い』と思っていたからだ・・・になってます。

    作者からの返信

     今、直しました。自分では、しっかり推敲をしているつもりなんですが、やはり誤字脱字が出てしまいます。
     そのため、お手数ですが今後もご指摘を、お願いします。

    2021年10月16日 09:15

  • 解決編 第7話へのコメント

    豊島屋のセットはもちろんで出来ているし、になってますよ?

    作者からの返信

     今、直しました。いつもご指摘、ありがとうございます。
     お手数ですが、これからもご指摘、お願いします。

    2021年10月16日 08:46

  • 第6話へのコメント

    や~っとココまで読み進みましたよ~~♪
    そして、背景描写はニヤリ♪
    後は犯人と殺害方法ですがココで新たな下手人候補が二人加わりましたよ~www
    ちなみに犯人の目星は変わらず殺害方法は仮説までですね。
    凶器はまだ確証が持てない状態ですw

    【 追記 】
    背景は半分確信て感じですね。
    後、私の中で4人ですが監督とプロデューサーは初登場で未知数なので取り合えず新規候補に上げたと言う事です。

    作者からの返信

     背景描写はニヤリ、ということは見当がついたということでしょうか?
     作者としては、嬉しいような、悔しいような、複雑な心境です。
     下手人候補が2人加わったということは、合計3人なんでしょうか? でも『凶器』という単語が出るということは、結構、いい線をいっているんじゃないかと思います。

    2021年10月15日 16:35

  • 第5話へのコメント

    ココまで読んで辻褄が合わない部分や違和感から数回読み返してみて大体の背景(設定?)は何と無く解った気がします。
    後、犯人とおぼしき怪しい人物も勘ではありますが目星は付けてはいます。
    ただ、殺害の方法がまだ決め手が解らず今一番の謎です。
    先が楽しみです♪

    【 追記 】
    1回目で『???』となったので最初から感じていた辻褄が合わない部分と違和感を感じた部分に当たりを付けた登場人物を中心に擦り合わせるのを目的で2回程は読み返してますよ~www
    そこで1つの仮説を立てて確認で最後に読み返してみてますので最低でも4回は読ませてもらってます。
    それでも凶器の特定迄はいってないのです。
    ぢ、1個だけ当たりを付けては入るんですがソレを特定の環境で使うとどうなるのかを知らないのでソレを調べないとならないし思ってたのと違った場合再思考せねばなりませんから後に取ってあります。
    ちなみに現段階では私の中ではおこんさんと新右衛門さん以外はまだ全員下手人候補ですからね♪
    その中で更に当たりを付けている状態です。
    長文失礼しました。

    作者からの返信

     犯人の目星がついているんですか? 
     実は私はこの第5話で、読者の頭の中を『?』だらけにしようと、思っていたんですが……。しかも背景(設定?)も何と無く分かったんですか?
     うーむ、やはり、うーぴんさんは、ただ者ではないですか……。
     出来れば、殺害の方法も目星を付けていただきたいと思います。出来れば、解決編が始まる、第7話の前に。

    2021年10月15日 13:08

  • 第4話へのコメント

    すぐにパンツを下ろす人・・・ココにもミステリーが!?

    てか、遂に事件が起こりましたね!!

    作者からの返信

     すぐにパンツを下す人とは、小濱さんのことを指しています。

     そして事件は起きました……。

    2021年10月14日 22:42

  • 第3話へのコメント

    話が進んで面白くなってきました!
    ちなみに
    『新右衛門』も一切刺身を食べて『新右衛門』に聞いたになってますよ?

    作者からの返信

     確かに、そうなっていました。今、直しました。
     お手数ですが今後も、ご指摘、お願いします。もちろん自分で推敲をしているんですが、見落としもあるので……。

    2021年10月14日 22:52

  • 第6話へのコメント

    そうきたか!と、意表を突かれる展開に心を奪われてしまった私。
    そして何より情景描写が丁寧で、まるで自分がその場にいるような感覚をおぼえました。
    素晴らしいです!

    作者からの返信

     はい、そうきました。(笑)
     実は私は、情景描写が苦手なので、褒めていただくと嬉しいです。ありがとうございます。
     11話で完結するので、最後まで読んでもらえたら、嬉しいです。
     

    2021年10月14日 19:24

  • 第9話へのコメント

    ついに犯人が!

    作者からの返信

     はい、『ついに犯人が!』です。できれば、『どうやって殺したのか?』を、時間があったら考えていただきたいです。

    2021年10月14日 15:33

  • 第2話へのコメント

    和やかな雰囲気だけどこれから大変なことになるのか。。(>_<)!?
    これから頑張るというか、今でも十分に頑張っていますね(*´▽`*)☆

    作者からの返信

     はい、大変なことになります。事件がおきます。ぜひ、犯人を見つけて欲しいと思います。

    2021年10月13日 14:29

  • 第2話へのコメント

    ココで知ってるかもしれない豆知識♪

    当時の居酒屋で出される料理は味の濃いものが多く逆にお酒等は薄くして提供するお店もあったそうです。

    昼間汗をかいて塩分やミネラルが不足しがちで濃い味を好む人が多かったとか何とか。

    まあ、お酒はやはり高いモノだったらしく少しでも安く提供する為だというのと昼間汗をかいた分喉も渇くのでソレを補う事も目的とされていたとも想像します。

    まあ、知ってるかと思いますが・・・。
    少しでも作品を楽しめる足しになればと思い書かせていただきました。

    作者からの返信

     えーと、取りあえず、私は知りませんでした……。
     ラーテルの時といい、うーぴんさんの情報収集能力は、ハンパ無いと思います。

    2021年10月13日 14:33

  • 第6話へのコメント

    マジか!
    この展開か!
    やられた。
    やられ過ぎた!w

    作者からの返信

     はい、やりました。読者に驚いてもらうのが、ミステリーを書いていて、一番楽しいところです。

    2021年10月11日 20:38

  • 第5話へのコメント

    これは……
    予想よりもずっと本格的なミステリーですね。
    現時点ではトリックや犯人についてはさっぱり解らないですw
    何処に鍵が隠されているのか……
    すげえ読み返して探してますw
    やっぱ、謎は楽しいですね。

    作者からの返信

     謎を楽しんでいただき、嬉しいです。第7話から解決編を書くので、トリックや犯人について、納得していただこうと思っています。

    2021年10月11日 20:34

  • 第4話へのコメント

    うおっ。
    この展開は、遂にミステリーが動き出しましたね。
    続きが楽しみです。

    作者からの返信

     はい、動き出しました。これからも、いくつかの謎を書いていくので、推理していただきたいです。ちなみに『右近って誰?』と聞かれなくて、良かったです。
     できれば自分で推理してほしいので。

     追伸 すぐにパンツを下す人は、変態だと思います。

    2021年10月9日 19:36

  • 第2話へのコメント

    まさかの時代ミステリー!
    早速本格的じゃないですか。
    続きが楽しみです。

    作者からの返信

     応援、ありがとうございます。頑張って犯人を見つけてほしいと思います。ただし、犯人を見つけても、何のプレゼントもありません。あしからず。

    2021年10月8日 21:06