虫の死体から出る血みたいな……

作者 ミヤシタ桜

ここにあるのは圧倒的現実(リアル)

  • ★★★ Excellent!!!

この作品を一言で表すなら、現実(リアル)であるということだろう。主人公の苦悩、見る風景、その全てが圧倒的現実として押し寄せてくる。それこそ、これは自身の記憶であると錯覚するぐらいには。
そして、物言いたげなラストも素晴らしい。どう素晴らしいかはあえて書かない。それは野暮であるから。だが、きっと本作を一読すれば、私の言わんとすることは伝わるはずである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

間川 レイさんの他のおすすめレビュー 205