学園のアイドルになった幼馴染を捨てて、幸せになることが許されるんだろうか

作者 くろねこどらごん

1,312

483人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公や幼馴染の心情がとても丁寧に描かれています。
それと風景の描写が相まってまるで映画のワンシーンを見ているような気持ちになりました。

主人公はちょっと弱いだけのごく普通の男の子、冒頭の破局に向かって彼がじわじわと追い詰められていく様子は読んでいて心を抉られるような痛みを伴います。

綺麗じゃない、むしろ醜い心が美しい言葉で綴られる作品です。



★★ Very Good!!

主人公の弱さや閉じた世界を好む性格に、共感反感其々の感想が飛び交う作品。

好悪の感情を飛び越え、創作の人物に対する人格否定をする人まで現れる作品。

弱さは罪か、醜さは罪か、愚かさは罪か、マイノリティは罪か、それすらも個性と受け入れる事が出来ないのは罪か。

作品が展開するにつれ、様々な読者の心の美醜や寛容さ傲慢さが垣間見える作品。


創作物としてだけではなく、感想自体がある種のエンタメ化しており大変面白いと感じた。

また主人公とヒロインの性別が逆だったら、感想の色も変わるのかなと少し考えてみたり。

★★★ Excellent!!!

この子は俺のものだ!手を出すな!
と言えるのはせいぜい小学校低学年まででしょう
今まで独り占めできていたものが
やがて輝き出し、みんなのものになる、みんなからチヤホヤされる
自分の手から離れれば、怒り、嫉妬し、周りを憎むようになる
俺のものだ!と言いたくても学校や会社の中では自分の立場も守らないといけない
だから言えず、悶々とし、卑屈になる

主人公のそんな思考・判断はとてもリアリティがあり、自分が辿ってきた境遇と似通っていて共感が出来ます
現実ではほぼ間違いなくバッドエンドになるでしょうし、私もバッドエンドでした

この物語がどのような結末になるか分かりませんが、私は連載されている進行形の今がいちばん心地よいです
このあとも楽しみです

★★★ Excellent!!!

ここまで自己中な主人公は久しぶりに見た。自分の思い通りの行動を相手がしなかっただけで勝手に失望するっていうのはある意味モラハラみたいな感じかな?
でも作品自体は心理描写がとても上手くひきこまれるさくひんだとかんじました。
主人公がクズすぎてもいいと思える人はめちゃくちゃ楽しめると思います。

★★ Very Good!!

まー、幼なじみではないけど中学で似たような体験しました。私は結局彼女を信じ切れなかったことを後悔してますが彼はどうなんでしょうね。周りから釣り合ってないと言われるのも立ち位置が違うのも解りますが、それでも彼女の気持ちに寄り添わず我が身可愛さに見捨ててるのはどうかなと思いますね。最後の違う男と一緒にいたのは確かにキツいと思いますがそこまで一つも自分が周りから傷つかないように彼女からのSOSを意図的に無視してたら仕方ないかなと。別に完璧である必要もないし、特技が必要でもないですが主人公に魅力が全く感じません。感情面で共感できる部分はあるけど、この主人公の何処に好きになる要素があるか分かりませんでした。好きになる場面を描写してくれればまた違ったのかなとも思います。心理描写が丁寧でシチュエーションも上手いと思いますが主人公の良い部分の描写がないのが惜しいですかね。ラストの場面、彼女の言い分の方が主人公の言い分より遙かに納得できてしまうので。正直公平に見た場合主人公の方がかなり悪いと思いますよ。なにもかも見逃して、彼女がどうにかしようと対象したら(それが正しいかは別だけど)自分の知ってる彼女と違うと否定してるので。

★★ Very Good!!

真面目な二人だったから、
いくらJCでもちゃんとしてる二人だから
チャラチャラしてる奴らとの間に壁を感じて
片方がそこを越えちゃうと遠いよね
そこがとてもリアルだった。

私はチャラい方の人間で彼女は真面目側の人気者だったから
別れた後に一気に距離が遠くなった覚えがあります。

うちの兄貴は真面目側で、学校一人気な彼女と付き合ってたけど
周りの妬みと戦うのに疲れた感じで別れてた。

う~ん、、

にしても、この続きが気になりますよね?みなさんw

★★★ Excellent!!!

始めに、豆腐メンタルのかたは50話ぐらいになってから一気読みすることを推奨します。
現実に忠実に書かれた人間味にあてられてしまうからです。
ですが、その人間味こそこの作品の最大の魅力です
元は同じ立場にいた主人公とその彼女
しかしとあることによって彼女はての届かない場所に行ってしまう。
立場の違いに困惑し主人公はある決断をする。
しかし彼女はー。

とこれらの葛藤が忠実に書かれています。
やっと物語が進展し始めてこれからどのように展開されていくのか非常に楽しみであります。
皆さんもありふれたラノベに飽きたならば読んでみてはいかがですか?

★★★ Excellent!!!

僕がこのレビューを書いてる段階ではまだ導入だけですが、幼馴染で唯一の理解者だったはずの僕の元から離れていってしまう彼女。
個人的にはタグ等を見るに当たって何で生きてるのか分からなくなった挙句人生は残酷と決めつけて死にたくなる、そんなバッドエンドにはならないと信じてます。もう一度言いますが信じてます。
主人公は人間味が溢れてます。
大体、陰キャが積極的でリスクリターンを度外視した行動なんてしません。
御伽噺でございます。
偏屈で陰湿で嫉妬深くて、でも何かを変えようとはしたくない保守的な自分。
そんな自分を分かっていて、
そんな自分を好きになれなくて、
毎日を消化試合の様に過ごす。
自分に対する期待値が高くないから行動を起こそうとも思わない。
そんな自分に世の中が優しくしてくれると微塵も思わない。
それでこそ陰キャの生き方です。
等身大の生き方です。
という、レビューの後半は僕の独白みたいになりましたが、おそらく後半はラブラブコメコメすると思うので、今のうちに陰キャの心を体感して頂きたい、そう思います。