国立水族館ペンギン担当

作者 九乃カナ

ペンギン飼育員が挑む、恋愛から始まるミステリー。

  • ★★★ Excellent!!!

グンマが日本から独立した架空の世界を舞台に描かれるミステリー。

水族館で働く青年壮介は、喋ることができるペンギン、ペンスケのお世話をする毎日を送っていた。
そんな彼の前に現れたのが、芸大生の女の子、相内さん。何度も水族館に通う彼女とだんだんと親しくなっていって、時にペンスケに冷やかされながら仲を深めていく壮介。
時に拗ねたような、時に意地悪するような相内さんとの会話が可愛くて、読んでいて何度もキュンとさせられました。
アンタら、早くゴールインしてしまえ!

しかし、わすれてはいけないのが、本作はミステリーであること。
ある日相内さんの通う学校で密室殺人かもしれない事件が起こり、何故か壮介が事件の真相を推理するはめに。

警察でも探偵でもないペンギン飼育員が挑むミステリー。
はたして壮介は、事件の謎が解けるのか? そして相内さんとの恋の行方は?

事件のと恋の、ダブルでハラハラドキドキさせられました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月弟さんの他のおすすめレビュー 1,859