初夏色ブルーノート

作者 肥前ロンズ

168

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魅力的な筆致に、すっかりと引き込まれてしまいました。
物語の冒頭であるそうめんのシーンから、気づいたらラストまで読んでいました。
印象的な情景描写に、キャラクター造形と、とても素晴らしかったです。

物語はトモちゃんが亡くなったところからはいり、なぜ主人公の姉は記憶を失ったのかという軸にそって展開していきます。

主人公とトモちゃんの電話のシーン、特によかったなと。
タイトルの回収も、鮮やかでした。

ぜひ、読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

読後、そう思いました。

同じあらすじからお話を書く企画参加作品ですが、企画のお話だなんて忘れます。

なに言えばいいのか分からないのですが、とにかく素晴らしくて。
胸が熱くなってしまって。

読んでください、としか言いようがないのですが、
人と人との繋がりに触れる、素晴らしいお話です。

★★★ Excellent!!!

辛かったことに時間とともに向き合っていく主人公の成長が、すっきりとした独白の端々に見えます。
器が大きくなっていくとでも言うのでしょうか。人が大きくなる、子供じゃなくなるっていうのはこういうことなのかなと。

俺もきっと~からの一言には、まだまだ前を向こうとする主人公の姿があって、成長は死ぬまで続くんだろうな。なんて、そんな気持ちになれました。
素敵な作品です!

★★★ Excellent!!!

 同じあらすじで別々の作者さんが物語を書く自主企画「筆致は物語を超えるか」に参加されている作品です。

 魅力的な物語が多い中、参加作品の中で強烈なオリジナリティともの凄い吸引力を持っている本作。
 1話目から読者を惹きつけるチカラが凄く、気がつけばあっという間に読んでしまいました。

 オリジナリティ溢れるなか、お題のあらすじにもきちんと沿っていて、その手腕はさすがという他ありません。
 とてもオススメできる作品。あなたもぜひ!

★★★ Excellent!!!

筆致企画に参加の作品です。
明子……の弟の視点で描かれているのですが。

小説として興味を引く謎の散りばめかたや展開がドラマチックです。うまい。
短編としての満足度が高いです。

いやー、よかった。

複雑なテーマや心理を、すっと読者に伝える技術に優れた作品です。おすすめ。

★★★ Excellent!!!

主人公とその姉、そして二人の幼馴染の智昭。
物語は幼馴染の智昭の死によって動き出します。

部分的に記憶を失くしてしまっている姉の謎が、主人公の過去の記憶と現在の体験から明らかになっていきます。
何故、お姉さんは記憶を失くしてしまったのかが知りたくて、サクサク読み進められました!

ラストで知らされる真実にもビックリ。
これを知った上でもう一度読んだら、物語の見え方が変わるかも!?