初夏色ブルーノート

作者 枕木きのこ

ブルーノートは夢だった

  • ★★★ Excellent!!!

仕事が早く終わった帰り道。
向かったのは、一部の人間の中で話題となっている、喫茶店「フィーネ(終わり)」。

「思い出の曲はありますか?」

マスターに尋ねられ、彼女は答える。
それは、別れた恋人との思い出の曲だった。

ちょっとずつズレていく半音(ブルーノート)。
それを表すかのように、彼女の言動にも少しずつ違和感が出てきます。
というか待って、よく考えたら最初からおかしい。と、また読み直します。

その正体がわかった時、
「なるほどなぁ」と、タグ欄を見直しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

肥前ロンズさんの他のおすすめレビュー 1,235