桃嫌いの桃太郎と癖の強い三人の仲間

作者 宇部 松清

41

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

桃から生まれたくせに、「桃」が大嫌いな太郎。
そんな彼が出会ったのは、唯一無二の親友と、困窮した仲間と、妖艶な美貌を持つ仲間。
やがて太郎は町に出て店で看板となるほど人気になり、
唯一無二の親友には、想い人が出来る。
けれど働いている店の一人娘の様子がおかしくなって……。
太郎と仲間たちは、「鬼ヶ島」へゆくことに。

見事な伏線回収。
「誰も悪くない」からこそ、残酷で切ない世界。

かつて桃太郎の物語で、ここまで心動かされたことはあっただろうか。

どうか、彼らの行く末が幸福で充ちたものでありますよう、読み終わった私はその後を想像するのです。

★★★ Excellent!!!

みなさんご存知の桃太郎が、たのしい作品としてよみがえりましたっ!!

とっても几帳面な桃太郎はなんと桃嫌い。そしてだれからも好かれる美男子なのです。

他にも、色男の犬や、お調子者の猿。雉は、読んでのおたのしみです。

とってもたのしいこちらの作品、すらすらと読み進めることができて、先の展開がものすごくおもしろいので、連休中に読んでしまうのもいいかもしれません。

また、ちょっぴりBのLをにおわせるような描写もあって、個人的にとてもたのしかったです。

ちょっともったいないですが、一気読みを推奨します。

★★★ Excellent!!!

日本人なら誰もが知ってる昔話、桃太郎。それを大胆アレンジしたのがこの作品。桃から生まれた桃太郎が、犬猿雉をお供にして鬼ヶ島に行くという大筋の流れは同じなものの、全体的な雰囲気はまるで別物。

桃太郎の生い立ちや仲間達との出会いが細かく書かれていて、昔話というよりは、架空の時代を舞台としたひとつのといった方がしっくりくるかも。そしてその仲間達なのですが、タイトルにもあるように、非常に癖の強い者ばかり。だからこそ、仲良くなっていく過程がそれぞれ見応えあって、結ばれていく桃太郎との絆に、BとLのつくあの展開が好きな方なら、思わず想像力を書き立てられるかも?

そしてこれもタイトルにありますが、本作の桃太郎、桃から生まれたにもかかわらず、なんと桃が嫌いです。
桃太郎のアイデンティティーを揺るがしかねないこの設定がどう活きてくるのか。仲間達と一緒に、新しい桃太郎の行く末を見守ってみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

誰もが知っているお伽噺『桃太郎』。
桃から生まれた男の子が鬼を退治するお話ですけど、本作の主人公も桃から生まれました。
しかし彼、にもかかわらず桃が大嫌い。どうしても受け付けないのです。
桃太郎なのに桃嫌いって、どうしましょうかこれ?

で、そんな男の子はやがて、女性はもちろん男も魅了する美少年に成長しました。
重要なのはこの、『男も魅了する』の部分です!
桃太郎でいうところの犬ポジションの青年、白狼丸や、猿ポジションの飛助など、仲間との友情を育んでいく桃太郎。だけど見ようによってはそれは、BLに見えないことも無いような……。
けどもしも本作が本当にBLだったとしても、コミカルでホロリと感動する場面も盛りだくさんの本作は、男女問わず楽しく読めます。

全く新しい桃太郎の物語を、ご覧ください。

★★★ Excellent!!!

ある日、桃から出てきた赤ちゃんは、すくすく育って、やがて鬼退治に行きました……という桃太郎とは、一味二味もちがう展開が待つ、桃から生まれた「太郎」の物語が本作。

するする読みやすい文体で展開する、コメディ要素たっぷりの和風ファンタジーです。でも太郎の出生には、深い事情もあったりして……。

美男でもある太郎は、男女問わずモテます。モテますがピュアボーイなので、熱心なアプローチも肩透かしといいますか、うん、なんかごめんってこともあって、ひたすら真面目で仕事熱心、「みんなの太郎」なのです。

なの、で、す、が!

恋の場面もしっかりあります。むふふ。あーらら♡

なにがどうなってああなってこうなるのかは、読んでからのお楽しみ。マジかっ、の真相に、画面の前でひっくり返る場合があるので、ご注意を。

完結済作品ですので、一気読みもおすすめです。

★★★ Excellent!!!

むか~しむかし、のおなじみのフレーズで始まる桃太郎。
おじいさんとおばあさんは、ある日、川から流れてきた桃を拾います。
そして桃から生まれた可愛らしい赤子を大切に慈しんで育てるのですが……。

――なんと、桃太郎は桃が大嫌いだったのです。

えっ!? 桃太郎なのに!? なんで!?Σ( ゚Д゚)

と思った時にはもう、作者様の術にハマったも同じ。

するすると読みやすい文章に誘われるままにどんどん読み進み、桃太郎改め太郎や、彼の周りに集う白狼丸や飛助が繰り広げる楽しいやりとりにどんどん魅せられていくことでしょう( *´艸`)

なるほど! そうだったのか! と驚きも随所に用意されている今作、ぜひともお楽しみください(*´▽`*)