頬いくつつねるとお正月

作者 RAY

甘酸っぱくて爽やかな青春を感じるお正月、今年は良い事ある予感!!

  • ★★★ Excellent!!!

読み終わって、まず感じたのは「こういう感情を忘れてはならない」ということでした。忘れてました、甘酸っぱい青春の味。(笑)

青春時代のもどかしさや、ストレートな「好き」という気持ち。
そして「頬をつねる」という素朴な感情表現!

甘酸っぱすぎてうずうずしてニヤニヤしながら読んでしまいました。
いいなぁ! 青春!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無雲さんの他のおすすめレビュー 180