クラス小戦争

作者 しんたろー

182

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まずタイトルがシンプルイズベスト。
この作品の全てを一言で表現していると思う。作品の流れも悪くない。読んでいてどんどん作者が伝えたい情報が、インプット出来ていく。ある程度読まないと、この作品を、本当の意味で楽しめないと思う。素晴らしい出来にエクセレント

★★ Very Good!!

18話まで読みました。

デパート・愛媛・占い等への作者さんの好きだろうものをめいっぱい詰め込んだ気持ちよさを感じる作品です。
同時に、強い狂気も感じます。
狂人の書き方が上手い。幸いにもあまり身近にいないタイプのぶっとんだ狂人達ですが、描写がじっとり詳しく、表情や存在感を否が応にも感じさせて生々しく感じさせてしまいます。

愛と狂気の狭間で想像を絶するストーリーが展開されていて、引き込まれます。
言質をとろうとしてるかのような文体が更に不安感を煽り、この先どうなってしまうのか、プロローグの惨劇にどう繋がってしまうのか恐ろしいながらも目が離せません。
震えながら怖がりながら、続きを楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

まず、クライマックスとも呼べる場面から始まる冒頭に引き込まれました。

なぜこんなことになってしまったのか?
ここまでの経緯は?
気になる回答への期待を胸に、ページを繰る手が止まりません。
緊張する場面や和やかな場面、緩急が程よく心地よくて、読みやすい文章だと思いました。

単純な勧善懲悪の物語となるのか、それにとどまらない捻りが加えられるのか。
ドキドキしながら続きを待ちたいと思います。

★★★ Excellent!!!

学校のクラスという小さく閉ざされた場所から、徐々に不穏な影が広がっていき日常を脅かしていく。
心情の描写の上手さ。
独特で個性ある迫真のキャラクター。
非常に恐ろしかったです(笑)

作者様の実力からか終始ドキドキしっぱなしでした。
更新されているところまでのレビューですが、今後の展開に期待しております。

興味を持った方は是非読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

 日常を、ちょっとした狂気が侵食していくように感じる物語です。

 ひとつひとつは本当にちょっとした事で、名誉に関する事、プライドに関する事など、デフォルメされているとはいえ、実社会でもあるように思わされるものでした。

 放課後の描き方が上手く、地の文、会話文から感じられる雰囲気に、夕方の空気が感じられ、それが物語の展開と共に夕闇が迫ってくるような印象になる事も、秀逸な文章が書けている事の証拠のように思えます。

 所々、抜け落ちているのではないかと感じる、意図しているところは何かと思わされる点もありますが、その点にこそ、深読みする魅力があり、私を物語に引き込んでくれました。

 現在、レビューしている時点では7話までしかありませんが、今後も追っていきたい物語です。