雪解けまで待って

作者 天崎 剣

魅せられたものは、見知った男子の見知らぬ姿だった

  • ★★★ Excellent!!!

冬の山形県酒田市。負けん気が祟って漕艇部の雪かきボランティアへ参加することになってしまった美術部の史乃は、その中で次第に意識するようになる。この苦行へ自分を陥れた原因で、普段は脳天気でありながら真摯に作業へ向かうタカ——高田哲治を。

こんなヤツだと思っていた男子が、それとは違う一面を持っていて。ふとしたきっかけで気づいた史乃さんは彼のギャップに惹かれていくわけですね。このあたりの機微が実に何気なく、それでいて印象的に描かれているのですよ。日本中で演じられているのだろう、でも当人にとっては唯一無二な出逢いの有り様、実にドラマチック!

しかもこの作品、標準語バージョンと庄内弁バージョンのふたつが同時掲載されているのです! 言葉はキャラクターに力を与えるものですが、方言によって醸し出される心情の色濃い鮮やかさ、これはたまりませんね。

なんでもなく、でもかけがえない出逢いの物語、標準語→庄内弁バージョンで読み進めるのがおすすめです。


(「地方発ドラマ!」4選/文=高橋 剛)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

カクヨム運営公式さんの他のおすすめレビュー 780