正常な人がただそこにいる

作者 崇期

ホログラムのような虚像文学。謎めいた絵画が三次元で浮き上がって来ます。

  • ★★ Very Good!!

福岡県は嘉麻(かま)市にある「手柴美術館」というところに、金子広路重の絵を見に行くエッセイです。
が。
ほの昏い幻想のトンネルを抜けても、まだ現実には帰れません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

友未 哲俊さんの他のおすすめレビュー 112