鬼の頭が推してまいるッ!! ~【推しごと】したくて逆転生!! 夢に見たのは【ヲタライフ】 極めたいのはこれじゃないッッ!!~

作者 川乃こはく@【新ジャンル】開拓者

173

62人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

全体的にシンプルで簡潔な感じでとても読みやすく、自然に頭に入ってきやすい作品でした。主人公がどういった思いで動いているか、どういった感情を持っているかなどがつらつらと述べられてとても愛着がわきやすいキャラでとてもよかったです。
序盤からクライマックスまでの話の持っていきかた、盛り上がりなどの構成などわかりやすいからこそ面白く、特にクライマックスまでの盛り上がりは必見です。
極道とヲタク。本来掛け合わせることない新たなジャンルなので、見る価値は多いにあると思います。

★★★ Excellent!!!

 元王女の逆異世界転生で、転生先は極道。環境だけでお腹いっぱいになりそうなところに、粗暴ながら一本義な主人公と、柔和ながら芯の強い親友、そしてお嬢様口調のお嬢様。
 更に幻死病という主題が入ってきて、情報が飽和してしまいそうなところですが、それを感じさせない勢いのある文章がとても魅力的な作品でした。
 一方で、主人公の独白が緩めな雰囲気のため、シリアスシーンで読者が置いていかれることがあるかもしれないとも感じました。

 キャラクターの掛け合いによる、楽しい空気感が非常に心地よいものでしたので、是非とも多作も読ませて頂きたいと思いました!

★★★ Excellent!!!

オチが分かりやすいのは、決してダメな事では無い。

脳内で思い描いていたオチの形が、物語の中で全く同じ形なんだけど……
自分の全然想像してなかった場所で、すこっ!と嵌った時、


人は、もろ手を叩いてスタンディングオベーションを惜しまない。

そんな、秀逸過ぎる……この作品。

★★★ Excellent!!!

主人公の鬼頭神無ちゃんがもう最高です!
お金のためお金のため言ってるわりに義理人情にあつい。主人公が魅力的な作品は本当に素晴らしい!!

誰かを救うために、自分の大切を守るために、好きに正直になるために。

神無から教えられたことは沢山あります。無遠慮に誰かの心に片足を突っ込んで行くことが、優しさになることもあるんです。

もちろん言うまでもなく、ギャグパートも面白い!!

素敵な作品です。
素敵な時間をありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

感想は一言紹介通りです。

元々極道気質がある姫が現代にきて、オタクになったらどうなるか?

こうなるみたいな…。腹筋痛いデス。

まあ、でも安定したぬるまゆの世代の優しい姫様ならともかく、小王国の姫君だと実際腹の中はこれに近い気がするので、うんあれだ、ジャスティス!(中身は暴)

途中までしか見れていないので、続きはゆるりと見ていきます!



★★★ Excellent!!!

■物語は足し算と掛け算でできている。一見関連のなさそうな異なるファクターを巧みに組み合わせて全く新しいものを生み出す。それが物語の世界観を組み立てるということだ。その組み合わせ方の法則を、新しいものを見つけ出した時にオリジナリティとは価値を見出す

■この作品に登場する基本ファクターは、何もどこかで見たことのあるものだ

【魔法世界×不遇の王女×現実世界×極道の孫娘×オタク趣味×心の病】

これらのファクターを掛け合わせて生み出されたものは何物にも似ていない全く新しい物語だった。そう、この作品の作者は彼なりの新しい法則をオリジナリティとして見つけ出したのだ

■我が身の不遇を憂い異世界に存在する物語作品に心恋い焦がれ、自ら死を選ぶことでその異世界へと旅立ってしまう。そこで彼女が望む楽しみに満ち溢れた人生を目指すのだが、よりによって彼女が異世界で生まれ落ちたのは任侠ヤクザの孫娘。思いっきり、世間常識から斜め上のドリフトかました人生を余儀なくされる。
 しかし主人公のヒロインはめげない。ふたつの世界で培った圧倒的な力と底なしのバイタリティーであくまでも自分が望む自由を謳歌しようとする。だがそんな彼女に舞い込んだ仕事は、心の中の幻想が現実を蝕むという最悪の心の病への対処。
 ゴミ屋敷のような心象世界の中でもがき苦しむ少女を前に圧倒的な超マイペースで主人公のヒロインは真っ直ぐに突き進む。そして、誰にも知られることのない苦しみを抱えた少女に、極めてぶっきらぼうな救いの手を差し伸べるのだ。不器用で乱暴だがその真っ直ぐな心意気が何よりも心地いい。
 主人公である鬼龍神無のキャラクター造形の成功が、物語に卓越した光を与えている。完成度の高い良質のエンターテイメント作品である。

★★★ Excellent!!!

まるでF1カーを見てるようなスピーディーな展開と、この話はどう転がっていくのかというワクワク感が体感できる良い作品です!
『こんなはずじゃ……』と異世界転生モノでは見る展開ですが、まさか異世界からチート魔法使いの王女が、現実世界の危ない家に生まれてしまうとは、確かに予想外でしょうw

★★★ Excellent!!!

異世界では召喚魔法を開発した第三王女、現実世界に転生したら極道の孫娘、と主人公の神無の経歴が濃すぎます。彼女の独特かつハイテンションな一人称で語られる地の文が癖になり、それ以上に登場人物がみな個性的で楽しいです。
一気にどんどん読ませるパワーがありますね!

★★★ Excellent!!!

「そういえば、異世界からの転生者だったっけ……?」と自問したくなるぐらい、「こっちの世界」に馴染み過ぎな女子にして、漢(おとこ)――女子漢、鬼頭神無。
それは好漢といっても過言でもないくらい、豪快にして明快な女子である。

そんな彼女が天使の悪戯か、悪魔の仕業か、とある少女の心の壁(物理)に挑む。
果たして、彼女の拳(これも物理)は、その壁を砕けるか――。


……この「(物理)」が比喩でないところが、作者様の設定の妙としか言いようがありません。
心の壁に挑むまでの経緯も、笑いつつも引き込まれてしまいます。

面白くて、パワフル。これに尽きます。ぜひぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

 キャラ立ちがハンパない!

 あと、地の文にもそれが現れてて素敵です!
 セリフ以外の文も充分に面白すぎます。狙いすぎると滑るものなんですが、自然で素晴らしいですね。

 あと、脇役の極道も上手い。極道って案外上手く書けないと思うんですよ。やり過ぎると滑っちゃうと思いますし。セリフのさじ加減が上手ですよね。

★★★ Excellent!!!

作品をフォローいただいたご縁でこの物語に出会いました。
更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

圧倒される文章力。出だしからアクセル全開で、物語の世界に引きずり込まれます。その威力の源は、文章力と主人公の存在。異世界から現代日本の極道に転生してくるというパンチの効いた設定に加えて、彼女のそのキャラクター性。
常に何事にも全力で望み、ひたすらに真っ直ぐな彼女の姿に、いつの間にか惹かれてしまいました。その癖オタク趣味であり、たまに笑わせてくる地の文なんかも、良い意味でズルいですね。

作品はまだまだ序盤ということで、今後の展開がとても楽しみです。
他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 とりあえず第5話まで読ませていただきました。

 他の方もおっしゃる通り、何よりも印象的なのが文章力の高さ!
 ハイテンションを地で行きつつも各シーンの描写が実に精密で、作品に没入するのにストレスがありません。

 あと個人的に元気かつシニカルな女の子めっちゃ好きなんで、神無ちゃんには今後もエネルギッシュに健康的に生きていってほしいです!(笑)

★★ Very Good!!

現代人が異世界へ転生するのがセオリーですが、これは異世界の住人がこちら側。つまり、現代へやってくる逆パターンのお話。舞台が現実世界寄りなので、内容がスッと入ってきやすいです。あと、何より凄まじいのは作者様の文章〝力〟。文法の使い方だとか、文章構成がどうとかそういう次元の話ではなく、文面から滲み出る力強さ。最初からクライマックス状態。例えるなら、読み始めた瞬間に胸ぐらを掴まれ、そのまま引きずられるかのような圧倒的なパワー。強引ささえ感じる作品でした。

★★★ Excellent!!!

 一話目からのボルテージの高さから、楽しませて頂きました。ファンタジーな異世界から、突然純和風な義理と人情の世界ってギャップがスゴすぎる…しかもそれを自力で凌駕していくパワフルなお姫さま。夢の一人暮らしも始めてこれからが目が離せません!