八千個の小石

作者 烏目浩輔

許されると思ってはいけない

  • ★★★ Excellent!!!

冷え冷えとした恐ろしい物語でした。
恐ろしいと同時に、どこか馴染み深い感覚を覚えました。
それは幼い頃から慣れ親しんだ昔話です。良いことをすれば温かく報われるし、悪いことをすれば恐ろしい報いを受けるという。
題材の新しさとの組み合わせが成功しています。

それと文体のキレの良さが素晴らしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

来冬 邦子さんの他のおすすめレビュー 300