こちら水瓶署生活安全課防犯係

作者 薮坂

78

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は、行方不明者の捜索など『事件になる前の事案』を担当する、生活安全課防犯係の物語です。

主人公たちの仕事の様子がものすごくリアルで、一般には馴染みの薄い専門用語や法律もバンバン出てくるのに、びっくりするほど読みやすい。
綿密な取材もさることながら、この凄まじいリーダビリティの高さは作者さまの筆力によるものでしょう。
展開の緩急とテンポが素晴らしく、次へ次へと読んでしまいました。

彼らにとっては「日常」の業務であっても、一般の人は人生に一度でも警察官のお世話になったら結構な大ごとのはず。
『事件を未然に防ぐ』のが、防犯係のお仕事です。事件にならなかったことで、人生を救われた人もきっといるはず。

防犯係のチームワークが最高にいい。
気付けばこのチームの人々が大好きになっていました。
私の最推しは谷上班長です。声がデカくてパワーが凄くて明るくて、頼れる最強の上司!

街の人々の平穏な生活を守る、陰のヒーロー。
いつまでも読んでいたい、この先の彼らの活躍も見てみたいと思える物語でした。
面白かったです!!

★★★ Excellent!!!

生活安全課防犯係。
作者さま曰く、忙しい割には全く日の目を見ない部署らしい。
これは、警察組織の中でも「なんでも屋」「貧乏くじ係」といわれるような部署の警察官の、たゆみない日常の一部を切り取ったかのようなリアルな物語である。

真っすぐな熱さをもった詩織と、不器用な優しさをもった鷹取部長。この二人を中心につづられていく物語は、
生きる中で、時にもがくような思にもなるような時に、誰かの思いが、存在が 暗闇におちそうな一線を踏みとどまったり、不安の中にも先に進む勇気をくれるのだと、思わせてくれる。

体を張って、一見無駄にも思えるような地道な努力を続けてくれている警察官の思いが垣間見えるような、心熱き人間ドラマ。

おすすめです!

★★★ Excellent!!!

生活安全課の出来事が非常にリアルで。
サイコとか、異常犯罪者とか、そんな物語に飽きた方へ。

ここには、本物の警官がいます。
職員はみな暖かくて、そして、優しい。

彼らによって、捜しだされる捜索人たちは幸せです。

そして、綿密な調査に基づいた作品であり、物語にブレがありません。

それは、例えば、被疑者に対して、マルヒとルビを振られているように。
逮捕状にきっぷ
殺人未遂サツミ

などなど。こうした細部が面白い。警察小説書かれる人も必読です。

★★★ Excellent!!!

略すと『こち瓶』。どこかで見た気がしますが、それはさておき──

キャッチコピーの『自称、カクヨムで最もリアルな警察小説』。
それに嘘偽りはありません。
作者さまの近況ノートに『取材だけはめちゃくちゃしましたので」という一文がありました。
リアルさはそういうところからきているのだと思われます。
取材して執筆? 警察に取材できるコネがあるの?! 
作者さまは何者なんでしょうか。

主人公たちは世のため人のために頑張っています。
ときには自分自身と葛藤しながら。
起きる事件にはさまざまな事情がありますが、最後は見事に解決されて、ふう……と一安心できます。
小さな事も地味な事も、ぜんぶ大切な事なんです。
警察系小説は少し難しい内容があったりもしますが、この作品は丁寧に書かれていますので、スラスラと読めてストレスフリーです。
作者さまの技量ですね。

他とは少し違う警察系小説を、みなさんもぜひ読んでください。

★★★ Excellent!!!

リアルさは他の方も書いていらっしゃる通り。
ここにあるのは人間の生き方そのものです。警察という、日々私たちを助け、守ら彼らがいかに仕事をしているか。その中でどんな人たちと接し、彼らを救っているのか。

サスペンスのような怪事件が起こる推理小説ではありません。
しかしはらはら目が離せない、他にはない唯一無二の世界があります。

絶対に読んで損はない。

★★★ Excellent!!!

 誰もやりたがらない。しかし、誰かがやらなければならない。
 数ある警察の部署の中でも、その性質上『なんでも屋』『貧乏くじ係』と揶揄される生活安全課防犯係。
 多忙をきわめる部署にもかかわらず、日の目を見ることのないその係に配置されて七ヶ月。今日も今日とて行方不明者を捜す主人公の詩織はため息が止まりません。

 ただ、ひと口に行方不明者といっても、その事情は千差万別です。
 早急にみつけださないとまずい案件もあれば、いや、これはむしろ、みつからないほうがいいのでは……? というものも。

 ため息をつきつつも、ひとつひとつの案件に体あたりでぶつかっていく詩織。まっすぐすぎて少々危なっかしいのですが、直属の上司である鷹取部長やら係を指揮する谷上班長やら、彼女をサポートする上司陣が非常にかっこいいです。

 警察官であるかぎり、法は遵守しなければならない。でも、だからこそ、彼ら彼女らはその中で『最善』を模索する。
 ときには愚痴もこぼせばため息もこぼす。そんな等身大の登場人物たちが織りなすリアルな警察小説であり、骨太な人間ドラマです。光のあたらない場所にこそ、本物のヒーローがいるのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

警察を題材にしたお話と聞いたら、どんなものを想像しますか?
殺人事件を捜査して、真相を究明する刑事もの? それとも、交番勤務のお巡りさんのお話?
本作でスポットを当てるのは、生活安全課防犯係。主人公の詩織は、上司である鷹取部長と共に、今日も行方不明者の捜索に汗を流します。

家出だったり事故だったり、何らかの事件に巻き込まれたり。事情は様々ですけど、いきなり姿を消す人って意外と珍しくなく、心配する家族は警察を頼ります。
けど、大きな事情を抱えているがために行方をくらます人も多いのですよ。見つけて終わりではなく、その人が抱えている問題に決着をつけないと、本当の解決にはなりません。

普段は元気だけど、行方不明を捜索する中で、自分の無力さに悩むこともある詩織。物語の主人公にありがちな優秀なスキルがあるわけでもない彼女ですけど、だからこそつい感情移入してしまいます。
多くの人を救うことはできないかもしれないけど、限られた人だけでも助けたいと手を伸ばす詩織達生活安全課防犯係の奮闘を描く、リアルなお仕事小説です。

★★★ Excellent!!!

警察ものの話と聞いて思い浮かぶのは、やはり刑事課。ですがもちろん、警察組織はそれだけで機能しているわけではありません。

なんでも屋、貧乏くじ係、なんて揶揄される、生活安全課防犯係。本作では主に行方不明者の捜索が書かれますが、面倒事がとにかく多い。ただ探すと言っても、捜索には様々な手続きが必要ですし、さんざん捜査した挙げ句に骨折り損なんてことも日常茶飯事。さらに見つかったとしても、それで解決なんて単純な話ではありません。
むしろ、ある意味見つけてからが本番。何しろ失踪した側にも、当然それなりの理由があります。どうしてこんなことになってしまったのか、これからどうすればいいのか。新味になって話を聞き、しっかり解決方法を探さなければ。

ドラマではほとんど書かれることのないその苦労。しかし市民のため、彼ら彼女らは日夜奮闘しているのです。これをよんで少しでもそれを理解できたら、密かにエールを送ってやりましょう。

★★★ Excellent!!!

事件も解決の仕方もリアルな警察もののドラマです。
因みに主人公は刑事ではありません。生活安全課防犯係の警察官です。

警察ものなんて難しそうと思う人もいらっしゃるかもですが、主人公視点でしっかりと状況の説明が入るので、こういう作品を読んだことがない人でも楽しく読めると思います。

起こる事件はどれもリアルで、中には救いがあるのかとハラハラする事件もあります。
ですが主人公たち警察官が情に厚い部分を持ち合わせていて、丁度いい落とし所を提示してくれるので、意外と苦しい気持ちになりすぎることは無かったです。
なので、辛いのがよほど苦手という方以外のエンタメ小説をお探しの人にオススメです。

個人的には所々で出てくる法律の使われ方も見どころだと思います☆
知らなかった!って思う内容が満載でした!

★★★ Excellent!!!

某地方の警察署を舞台にしたガチリアルな警察ドラマ。

それもテレビドラマに出てくる刑事課ではなく、生活安全課というどちらかというと地味で、おそらく警察からすれば厄介で手間な仕事ばかりを引き受ける部署の新人、上沢詩織を主役にしたストーリーです。

息つく暇もなく発生する事件の数々ですが、中身と言えば派手な痴話げんかとか家出とか。でもそのような事件でも懸命に解決を図る人たちのおかげで世の中の平和が保たれているのですよね。

社会の基礎を守るべく働く人々を尊敬したくなる、素敵なお仕事ストーリー。読めばありがたみが骨身に染みること間違いなしです!

★★★ Excellent!!!

頑張り屋だけど空回り気味な主人公詩織は、生活安全課防犯係に所属する警察官。
仏頂面の厳しい先輩の元、日々、市民の生活を守るため奮闘しています。

本作はリアルです。読めばわかる臨場感、ドキドキ、ヒリヒリ、胸に迫る悲しい現実とスカッとする解決!!

現在2エピソードが完結、新たなシーズンに突入しています。

主人公詩織の元気娘ぶりも好印象ですが、先輩のカッコよさにも見どころですよ。
もしや、ふたりに恋の予感も……なーんて期待しちゃう。素敵なお仕事小説です。

★★★ Excellent!!!

警察ものです。
殺しはないし、国家的陰謀もありません。

登場人物もごく普通の警察官。
天才的な頭脳も人並み外れた運動能力もない。
主人公に至っては半人前のひよこ。まだ殻がついてピヨピヨしてます。

リアルで何かあった時にお世話になる警察官の生の姿が描かれます。
彼らの実態を知らないということは平和な人生を歩んでいるということです。大多数の人には見えない社会の裏方。でも、お世話になった人からすれば間違いなくヒーロー、ヒロインです。

★★ Very Good!!

刑事もので、とある少女を探すところから始まります。鷹取警部はうまく言葉を選び、主人公の成長を促すかのように立ち回ります。ですが、そんな彼にも伏せたい過去があり……。
刑事ものという珍しいジャンルで、とても面白かったです。