割れた硝子を宝箱に詰めて

作者 甲池 幸

幸せだった過去と、大切なものが失われてしまった現在

  • ★★★ Excellent!!!

クレイドルという国で王直属の近衛集団に属するチーニは、調査依頼を受けた事件に、姿を消した親友のディアの影を見つける。

調査が進むにつれ、すれ違ってしまった2人は、少しずつ近付いていって──。

チーニとディアの、回りくどい友情みたいな繋がりが好き。

脇を固めるキャラクターも魅力的でした。
ハングさんとラウネさんの関係性もすごくよかったです。

個人的にこの作品の推しポイントは、ナイフみたいな切れ味の鋭い文章です。
すっ、と心に自然に刺さってくるような、綺麗で残酷な表現が痛くて癖になります。好き。

第38話が特にすごいです……。ぐわぁぁってなりました。
あとタイトルのセンスもすごい。綺麗。

異世界転生も悪役令嬢もなく、良い意味でWebらしくない、骨太で濃厚なファンタジーでした!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

蒼山皆水さんの他のおすすめレビュー 456