割れた硝子を宝箱に詰めて

作者 甲池 幸