遺書

作者 鍋島小骨

重層的に展開する明日の日本の物語あるいは幸福という名の悪夢

  • ★★★ Excellent!!!

鏡の迷宮のようにいくつもの折り重なり、目眩を感じました。陰鬱な設定ですが、今から地続きの現実のようにも感じます。
そもそも狂気と絶望が好物なので、とても楽しく読めました。インスパイアされて新しいSSを書いてしまいそうです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一田和樹さんの他のおすすめレビュー 313