重力、遺書、ハッピーエンド

作者 鍋島小骨

現実と虚構

  • ★★★ Excellent!!!

 フィクションだけではなく、現実にも表現が規制された社会。誰かに精神的苦痛を与えないためにといったところで、本人にその苦痛がなくなるわけでもない。
 
 複数の物語が組み合ったホラーでもあり、生きる苦悩を綺麗に見せてくれる面白さ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山本アヒコさんの他のおすすめレビュー 482