聖女様に醜い神様との結婚を押し付けられました

作者 村川咲(赤村咲)

活き活きとしたキャラクターたちが織り成す、珠玉の神話ファンタジー

  • ★★ Very Good!!

主人公のエレノアや彼女が仕えることになる神様を始め、その存在にしっかりと芯が通ったキャラクターたちが、ところ狭しと動き回る……そんな印象を受けた小説です。
キャラクターたちに生命力が溢れているせいか、読んでいてとても元気が貰えますね。
凄く素敵な作品だと思います。

……そして、要所要所で聖女アマルダの存在感が……半端ないです。
……むしろ、少し怖いレベルですね。
彼女だけでも、一見の価値はあるかも?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

天羽伊吹清さんの他のおすすめレビュー 22