100年と1秒と1時間の私。【角川武蔵野文学賞】最終選考対象作品

作者 雨 杜和

『武蔵野』のお題から、『まさかの、この物語』!

  • ★★★ Excellent!!!

まさか、『武蔵野』というお題から、
この物語が綴られるとは、驚きです。

なのに、『武蔵野』というお題を、
違和感なしで、物語に馴染ませる様は、
素晴らしいと思いました。

ただ、もう少し、オチに、
更なる意外性か、

大逆転の明るさ、

等が、あれば、更に輝いたと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

皆木 亮さんの他のおすすめレビュー 89