100年と1秒と1時間の私。【角川武蔵野文学賞】最終選考対象作品

作者 雨 杜和

登場人物がとても面白いです。

  • ★★★ Excellent!!!

とても個性的な登場人物が出てきて、それでいて文体はとても静かで引き込まれます。この人たちが次は何をするのか楽しみになります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー